Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.3. 問題の修正

以下のセクションでは、問題の解決方法を説明します。取り上げるトピックは以下のとおりです。Linux パーミッションのチェック - これは SELinux ルールの前にチェックされます。拒否がログ記録されない場合に SELinux がアクセスを拒否する理由。サービスの man ページ - これはラベリングとブール値の情報を含んでいます。あるプロセスがシステム全体ではなく permissive で実行することを許可するための permissive ドメイン。拒否メッセージの検索方法および表示方法。拒否の分析。audit2allow によるカスタムポリシーモジュールの作成。

8.3.1. Linux パーミッション

アクセスが拒否されたら、標準 Linux パーミッションをチェックしてください。2章はじめに の説明にあるように、ほとんどのオペレーティングシステムでは任意アクセス制御 (DAC) を使ってアクセスを制御しており、ユーザーが所有しているファイルのパーミッションを自分で管理できるようになっています。SELinux ポリシールールは DAC ルールの後にチェックされます。最初に DAC ルールがアクセスを拒否すれば、SELinux ポリシールールは使われません。
アクセスが拒否され、SELinux 拒否がログ記録されていない場合、ls -l コマンドを使って標準 Linux パーミッションを表示します。
~]$ ls -l /var/www/html/index.html
-rw-r----- 1 root root 0 2009-05-07 11:06 index.html
この例では、index.html は root ユーザーとグループが所有しています。root ユーザーには読み取りおよび書き込みパーミッション (-rw) があり、root グループのメンバーには読み取りパーミッション (-r-) があります。それ以外の人にはアクセスがありません (---)。デフォルトでは、これらのパーミッションは httpd によるこのファイルの読み取りを許可しません。この問題を解決するには、chown コマンドで所有者とグループを変更します。このコマンドは、Linux root ユーザーで実行する必要があります。
~]# chown apache:apache /var/www/html/index.html
ここでは、httpd を Linux apache ユーザーとして実行するというデフォルト設定を前提としています。httpd を別のユーザーで実行する場合は、apache:apache をそのユーザーで置き換えます。
Linux パーミッションの詳細に関しては、Fedora Documentation Project "Permissions" の草案を参照してください。