Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.2. プロセスでの SELinux コンテキスト

プロセスの SELinux コンテキストを表示するには、ps -eZ コマンドを実行します。例えば、
  1. アプリケーションシステムツール端末 の順に選択して、端末を開きます。
  2. passwd コマンドを実行します。新たなパスワードを入力しないでください。
  3. 新しいタブか別の端末を開いて、ps -eZ | grep passwd コマンドを実行します。出力は以下のようになります。
    unconfined_u:unconfined_r:passwd_t:s0-s0:c0.c1023 13212 pts/1 00:00:00 passwd
    
  4. 最初のタブ/端末で Ctrl+C を押して、passwd アプリケーションをキャンセルします。
この例では、passwd アプリケーションの実行時 (passwd_exec_t タイプのラベルが付けられている) にユーザーのシェルプロセスが passwd_t ドメインに移行します。タイプはプロセスのドメインと、ファイルのタイプを定義することに留意してください。
ps -eZ コマンドを使って、実行中のプロセスの SELinux コンテキストを一覧表示します。以下は、省略された出力例で、システムによって異なります。
system_u:system_r:dhcpc_t:s0             1869 ?  00:00:00 dhclient
system_u:system_r:sshd_t:s0-s0:c0.c1023  1882 ?  00:00:00 sshd
system_u:system_r:gpm_t:s0               1964 ?  00:00:00 gpm
system_u:system_r:crond_t:s0-s0:c0.c1023 1973 ?  00:00:00 crond
system_u:system_r:kerneloops_t:s0        1983 ?  00:00:05 kerneloops
system_u:system_r:crond_t:s0-s0:c0.c1023 1991 ?  00:00:00 atd
system_r ロールがデーモンなどのシステムプロセスに使われます。その後に、Type Enforcement が各ドメインを分離します。