Menu Close

第2章 Ceph Dashboard のインストールおよびアクセス

システム管理者は、ダッシュボードをインストールして初めてアクセスすることができます。

Red Hat Ceph Storage は、Cockpit Web インターフェースを使用してグラフィックにインストールするか、ceph-ansible RPM が提供する Ansible Playbook を使用してコマンドラインにインストールされます。Cockpit で同じ Ansible Playbook を使用して Ceph をインストールします。これらの Playbook により、デフォルトでダッシュボードがインストールされます。したがって、Ansible Playbook を直接使用するか、または Cockpit を使用して Ceph をインストールするかどうかに関わらず、ダッシュボードがインストールされます。

重要

デフォルトのダッシュボードパスワードを変更します。デフォルトでは、ダッシュボードのパスワードは p@ssw0rd で、安全ではありません。Playbook を使用して Ceph をインストールする前に、Ansible Playbook の all.ymldashboard_admin_password を更新するか、同じ Playbook またはダッシュボード自体を使用してインストールした後に、Ceph をインストールする前にデフォルトのパスワードを変更できます。詳細は、『インストールガイド』「ダッシュボードを使用したダッシュボードパスワードの変更」または「Ansible を使用したダッシュボードのパスワードの変更」を参照してください。

2.1. Cockpit を使用したダッシュボードのインストール

Red Hat Ceph Storage のインストールに Cockpit Web インターフェースを使用する場合、Dashboard はデフォルトでインストールされます。Grafana のインストールには Metrics ロールを持つホストを設定する必要があります。

前提条件

  • 完全な前提条件は 『インストールガイド』を参照してください。この手順では、ダッシュボードのインストールに関連する手順のみを強調しています。

手順

  1. Hosts ページでホストを追加し、Metrics ロールを設定します。

    Cockpit add metrics host
  2. Add をクリックします。
  3. 残りの Cockpit Ceph Installer の名前変更プロンプトを完了します。
  4. デプロイプロセスが完了したら、ページの右下隅にある Complete ボタンをクリックします。これにより、ceph status コマンドの出力と Dashboard のアクセス情報を表示するウィンドウが開きます。

    Complete button
  5. Ceph Cluster Status ウィンドウ下部に、URL、ユーザー名、パスワードなど、Dashboard のアクセス情報が表示されます。この情報を書き留めておいてください。

    Ceph Cluster Status window