Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.2. ランディングページについて

ランディングページには、個別のパネルを使用した Ceph クラスター全体の概要が表示されます。各パネルに、クラスターの状態に関する具体的な情報が表示されます。

カテゴリー

ランディングページでは、パネルが以下の 3 つのカテゴリーに分けられます。

  1. 状態
  2. 容量
  3. パフォーマンス
Ceph Dashboard landing page

Status パネル

ステータスパネルには、クラスターの状態とホストおよびデーモンの状態が表示されます。

Status panels

クラスターの状態: Ceph クラスターの現在の健常性ステータスを表示します。

ホスト: Ceph Storage クラスターのホストの合計数を表示します。

監視: Ceph Monitor の数およびクォーラムのステータスを表示します。

OSDs: Ceph Storage クラスターの OSD の合計数と、up および in の数を表示します。

マネージャー: Manager Daemon の数およびステータスを表示します。

オブジェクトゲートウェイ: Ceph Storage クラスターのオブジェクトゲートウェイの数を表示します。

メタデータサーバー: Ceph ファイルシステムのメタデータサーバーの数およびステータスを表示します。

iSCSI ゲートウェイ: Ceph ストレージクラスター内の iSCSI ゲートウェイの数を表示します。

容量パネル

容量パネルには、ストレージ使用状況のメトリックが表示されます。

Capacity panels

Raw 容量: クラスターの raw ストレージ容量の使用状況および可用性を表示します。

オブジェクト: プール内のオブジェクトの合計数と、オブジェクトを HealthyMisplacedDegraded、または Unfound の状態に分割するグラフを表示します。

PG ステータス: 配置グループの合計数と、PG を CleanWorkingWarning、または Unknown の状態に分割するグラフを表示します。PG ステータスの Working および Warning の表示を簡素化するために、実際には複数の状態が含まれます。

Working の状態には、以下のいずれかの状態の PG が含まれます。

  • activating
  • backfill_wait
  • backfilling
  • creating
  • deep
  • degraded
  • forced_backfill
  • forced_recovery
  • peering
  • peered
  • recovering
  • recovery_wait
  • repair
  • scrubbing
  • snaptrim
  • snaptrim_wait

Warning の状態には、以下のいずれかの状態の PG が含まれます。

  • backfill_toofull
  • backfill_unfound
  • down
  • incomplete
  • inconsistent
  • recovery_toofull
  • recovery_unfound
  • remapped
  • snaptrim_error
  • stale
  • undersized

プール: Ceph クラスター内のストレージプールの数を表示します。

OSD ごとの PG: OSD ごとの配置グループ数を表示します。

パフォーマンスパネル

パフォーマンスパネルには、データ転送速度に関する情報が表示されます。

Cluster Performance Panels

クライアントの読み取り/書き込み: 1 秒あたりの入出力操作の合計、読み取り、および書き込みを表示します。

クライアントのスループット: クライアントスループット、読み取りスループット、書き込みスループットを表示します。

リカバリーのスループット: クライアントのリカバリー速度を表示します。

スクラビング: データの整合性を確認するために Ceph がスクラビングしているかどうかを表示します。

関連情報