Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.5. OSD リカバリー設定の構成

ストレージ管理者は、OSD リカバリーの優先度を変更し、クラスターの復旧方法をカスタマイズできます。これにより、クラスターの再ビルドのパフォーマンスまたはリカバリーの速度に影響を与える可能性もあります。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスター
  • ダッシュボードがインストールされている。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. 上部ナビゲーションバーの Cluster ドロップダウンメニューをクリックします。
  3. ドロップダウンメニューの OSD をクリックします。
  4. Cluster-Wide flagss ドロップダウンメニューをクリックします。

    Click the Cluster-Wide Flags drop-down.
  5. ドロップダウンで Cluster-wide Recovery Priority を選択します。

    Select Cluster-wide Recovery Priority.
  6. 必要に応じて、ドロップダウンメニューで Priority を選択し、Submit ボタンをクリックします。

    注記

    定義済みのオプションは、LowDefaultHigh の 3 つです。

    Default priority values
  7. 必要に応じて、Customize priority values をクリックして必要な変更を行い、Submit ボタンをクリックします。

    Customize priority values
  8. フラグが正常に更新されたことを示すポップアップの右上隅に対する通知。

    OSD recovery speed priority updated notification

関連情報