Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.2. CRUSH マップの表示

CRUSH マップには、OSD および関連情報の一覧が含まれます。CRUSH マップおよび CRUSH アルゴリズムが一緒になって、データの保存方法と場所を決めます。Red Hat Ceph Storage ダッシュボードでは、OSD ホスト、OSD デーモン、ID 番号、デバイスクラスなど、CRUSH マップのさまざまな側面を確認することができます。

CRUSH マップを使用すると、特定の OSD ID が実行しているノードを決定できます。これは、OSD に問題がある場合に便利です。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスターが実行中である。
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Cluster をクリックします。
  3. CRUSH map をクリックします。

    CRUSH Map initial view

    上記の例では、デフォルトの CRUSH マップ、3 つのノード、および OSD が 3 つあるノードのうち 2 つで実行されているのを確認できます。

  4. CRUSH マップ名、ノード、または OSD をクリックし、各オブジェクトの詳細を表示します。

    CRUSH Map detail view

    上記の例では、jb-rhel-osd3 ノードで実行している OSD に関連する変数の値を確認できます。特に、id2 であることに注意してください。

関連情報