2.6. DeviceKit-power と devkit-power

Red Hat Enterprise Linux 6 では、DeviceKit-power は、HAL の一部だった電力管理機能と Red Hat Enterprise Linux の以前のリリースの GNOME Power Manager の一部だった電力管理機能を引き継ぎます (「GNOME の電源管理」 も参照してください) 。DeviceKit-power はデーモン、API や一連のコマンドラインのツールを提供します。物理デバイスかどうかに関係なく、システム上の電源はデバイスとして表示されます。例えば、ノート PC のバッテリーと AC 電源は両方ともデバイスとして表示されます。
コマンドラインツールにアクセスするには、以下のオプションを付けた devkit-power コマンドを使用します。
--enumerate, -e
システム上の電源デバイス用のオブジェクトパスを表示します。例えば以下のとおりです。
/org/freedesktop/DeviceKit/power/devices/line_power_AC
/org/freedesktop/UPower/DeviceKit/power/battery_BAT0
--dump, -d
システム上のすべての電源デバイス用のパラメータを表示します。
--wakeups, -w
システムの CPU のウェイクアップ を表示します。
--monitor, -m
AC 電源の接続や切断、あるいはバッテリーの低下などの電源デバイスの変化についてシステムを監視します。システムの監視を止めるには、Ctrl+C を押します。
--monitor-detail
AC 電源の接続や切断、あるいはバッテリの低下などの電源デバイスの変化についてシステムを監視します。--monitor-detail オプションでは、--monitor オプションよりも詳細を提供します。システムの監視を止めるには、Ctrl+C を押します。
--show-info object_path, -i object_path
特定のオブジェクトパスに関して利用可能なすべての情報を表示します。例えば、オブジェクトパス /org/freedesktop/UPower/DeviceKit/power/battery_BAT0 で表示されるシステムのバッテリーに関する情報を取得するには、以下を実行します。
devkit-power -i /org/freedesktop/UPower/DeviceKit/power/battery_BAT0