3.2.2. CPUfreq の設定

CPUfreq ガバナーを選択して設定する前に、最初に適切な CPUfreq ドライバーを追加する必要があります。

手順3.1 CPUfreq ドライバーの追加方法

  1. 以下のコマンドを使用すると、ご使用のシステムに使用可能な CPUfreq ドライバーが表示されます。
    ls /lib/modules/[kernel version]/kernel/arch/[architecture]/kernel/cpu/cpufreq/
  2. modprobe を使用して、適切な CPUfreq ドライバーを追加します。
    modprobe [CPUfreq driver]
    上記のコマンドを使用する時、ファイル名の接尾辞 .ko を忘れずに削除してください。

    重要

    適切な CPUfreq ドライバーを選択する場合は、常に p4-clockmod より acpi-cpufreq を選択してください。p4-clockmod ドライバーを使用すると、CPU のクロック周波数は低くなりますが、電圧は低下しません。その一方、acpi-cpufreq を使用すると CPU のクロック周波数とともに電圧も低くなり、パフォーマンスの低下により電力消費と発生熱量が低くなります。
また以下を実行すると、 特定の CPU に使用できるガバナーを表示させることもできます。
cpupower frequency-info --governors
一部の CPUfreq ガバナーは、利用できないことがあります。その場合は、modprobe を実行して、使用したい CPUfreq ガバナーを有効にするために必要なカーネルモジュールを追加します。これらのカーネルモジュールは、/lib/modules/[kernel version]/kernel/drivers/cpufreq/ で利用可能です。

手順3.2 CPUfreq ガバナーの有効化

  1. ご使用の CPU に利用できないガバナーがある場合は、 modprobe を実行して、使用したいガバナーを有効にします。例えば、ご使用の CPU 用に ondemand ガバナーが利用できない場合は、以下のコマンドを使用します。
    modprobe cpufreq_ondemand
  2. ガバナーが CPU で利用可能と表示されたら、 以下を実行して有効にします。
    cpupower frequency-set --governor [governor]