3.12. RFKill

多くのコンピュータシステムには、Wi-Fi、Bluetooth、および 3 G デバイスを含む無線送信器が搭載されています。これらのデバイスは電力を消費し、使用していない時には無駄になります。
RFKill は、コンピュータシステムの無線送信器が、クエリ、アクティベート、非アクティブ化されるインターフェースを提供する Linux カーネルのサブシステムです。無線送信器が非アクティブ化されると、それらはソフトウェアが再アクティベートできる状態 (ソフトブロック) に置かれるか、またはソフトウェアが再アクティベートできない状態 (ハードブロック) に置かれます。
RFKill コアは、サブシステムにアプリケーションプログラミングインターフェース (API) を提供します。RFkill をサポートするように設計されているカーネルドライバーは、この API を使用してカーネルに登録します。また、デバイスを有効および無効にする方法を含んでいます。さらに RFKill コアは、ユーザーアプリケーションが解釈できる通知と、ユーザーアプリケーションが送信器の状態をクエリする方法を提供します。
RFKill インターフェースは /dev/rfkill にありますが、システムのすべての無線送信器の現在の状態が含まれています。各デバイスの現在の RFKill の状態は、sysfs に登録されています。また、RFKill は RFKill 対応のデバイス内の状態の変化について uevents を発行します。
Rfkill は、システム上の RFKill 対応のデバイスをクエリ、変更できるコマンドラインツールです。このツールを取得するには、rfkill パッケージをインストールしてください。
コマンド rfkill list を使用すると、デバイスの一覧が取得できます。それぞれのデバイスにはそれに関連した 0 から始まるインデックス番号 があります。このインデックス番号を使用して rfkill に対してデバイスのブロックとブロック解除を指示します。例を示します。
rfkill block 0
上記は、システムの最初の RFKill 対応デバイスをブロックします。
また、rfkill を使用してデバイスの特定のカテゴリ、またはすべての RFKill 対応のデバイスもブロックできます。例を示します。
rfkill block wifi
システムのすべての Wi-Fi デバイスをブロックします。すべての RFKill 対応デバイスをブロックするには、以下を実行します。
rfkill block all
デバイスをブロック解除するには、rfkill block の代わりに rfkill unblock を実行します。rfkill がブロックできるデバイスカテゴリの全一覧を取得するには、rfkill help を実行してください。