Menu Close

1.4.4.4. Helm リポジトリー (HelmRepo) チャネル

以下のチャネル定義例では Helm リポジトリーをチャネルとして抽象化します。

apiVersion: v1
kind: Namespace
metadata:
  name: hub-repo
---
apiVersion: apps.open-cluster-management.io/v1
kind: Channel
metadata:
  name: Helm
  namespace: hub-repo
spec:
    pathname: [https://9.21.107.150:8443/helm-repo/charts] # URL points to a valid chart URL.
    configMapRef:
      name: insecure-skip-verify
    type: HelmRepo
---
apiVersion: v1
data:
  insecureSkipVerify: "true"
kind: ConfigMap
metadata:
  name: insecure-skip-verify
  namespace: hub-repo

以下のチャネル定義は、Helm リポジトリーチャネルの別の例を示しています。

注記: Helm では、Helm チャートに含まれる全 Kubernetes リソースにはラベルリリースが必要です。アプリケーショントポロジーの {{ .Release.Name }}` が正しく表示されるようにします。

apiVersion: apps.open-cluster-management.io/v1
kind: Channel
metadata:
  name: predev-ch
  namespace: ns-ch
  labels:
    app: nginx-app-details
spec:
  type: HelmRepo
  pathname: https://kubernetes-charts.storage.googleapis.com/