Menu Close

1.4.7.2. 配置ルールの YAML 値の表

フィールド説明

apiVersion

必須。この値は apps.open-cluster-management.io/v1 に設定します。

kind

必須。この値は PlacementRule nい設定して、リソースが配置ルールであることを指定します。

metadata.name

必須。配置ルールを識別する名前。

metadata.namespace

必須。配置ルールに使用する namespace リソース。

metadata.resourceVersion

任意。配置ルールのリソースのバージョン。

metadata.labels

任意。配置ルールのラベル。

spec.clusterSelector

任意。ターゲットクラスターを特定するラベル

spec.clusterSelector.matchLabels

任意。ターゲットクラスターに含める必要があるラベル。

status.decisions

任意。Deployable を配置するターゲットクラスターを定義します。

status.decisions.clusterName

任意。ターゲットクラスターの名前。

status.decisions.clusterNamespace

任意。ターゲットクラスターの namespace。

spec.clusterReplicas

任意。作成するレプリカの数。

spec.clusterConditions

任意。クラスターの条件を定義します。

spec.ResourceHint

任意。以前のフィールドで指定したラベルと値に、複数のクラスターが一致した場合には、リソース固有の基準を指定してクラスターを選択することができます。たとえば、利用可能な CPU コアの最大数で、クラスターを選択できます。

spec.ResourceHint.type

任意。この値を cpu に設定して、利用可能な CPU コア数をもとにクラスターを選択するか、memory に設定して、利用可能なメモリーリソースをもとにクラスターを選択することができます。

spec.ResourceHint.order

任意。この値は、昇順の場合は asc に、または降順の場合は desc に設定します。

spec.Policies

任意。配置ルールのポリシーフィルター。