Menu Close

1.4.7.3. 配置ルールファイルの例

既存の配置ルールに、以下のフィールドを追加して、配置ルールのステータスを指定することができます。このステータスのセクションは、ルールの YAML 構造のspec セクションの後に追加できます。

status:
  decisions:
    clusterName:
    clusterNamespace:
フィールド説明

status

配置ルールのステータス情報。

status.decisions

Deployable を配置するターゲットクラスターを定義します。

status.decisions.clusterName

ターゲットクラスターの名前。

status.decisions.clusterNamespace

ターゲットクラスターの namespace。

  • 例 1
apiVersion: apps.open-cluster-management.io/v1
kind: PlacementRule
metadata:
  name: gbapp-gbapp
  namespace: development
  labels:
    app: gbapp
spec:
  clusterSelector:
    matchLabels:
      environment: Dev
  clusterReplicas: 1
status:
  decisions:
    - clusterName: local-cluster
      clusterNamespace: local-cluster
  • 例 2
apiVersion: apps.open-cluster-management.io/v1
kind: PlacementRule
metadata:
  name: towhichcluster
  namespace: ns-sub-1
  labels:
    app: nginx-app-details
spec:
  clusterReplicas: 1
  clusterConditions:
    - type: ManagedClusterConditionAvailable
      status: "True"
  clusterSelector:
    matchExpressions:
    - key: environment
      operator: In
      values:
      - dev