Menu Close

1.4.7. 配置ルールの例

配置ルール (placementrule.apps.open-cluster-management.io) は、deployable をデプロイ可能なターゲットクラスターを定義します。配置ルールを使用すると、deployable のマルチクラスターでのデプロイメントが容易になります。

Kubernetes CLI ツールを使用するには、以下の手順を参照します。

  1. 任意の編集ツールで、アプリケーションの YAML ファイルを作成して保存します。
  2. 以下のコマンドを実行してファイルを API サーバーに適用します。filename は、使用するファイル名に置き換えます。

    kubectl apply -f filename.yaml
  3. 以下のコマンドを実行して、アプリケーションリソースが作成されていることを確認します。

    kubectl get Application

1.4.7.1. 配置ルールの YAML 構造

以下の YAML 構造は、配置ルールの必須フィールドと、一般的な任意のフィールドの一部を示しています。YAML 構造には、必須なフィールドおよび値を追加する必要があります。アプリケーション管理要件によっては、他の任意のフィールドおよび値を追加する必要がある場合があります。独自の YAML コンテンツは、どのツールでも作成できます。

apiVersion: apps.open-cluster-management.io/v1
kind: PlacementRule
  name:
  namespace:
  resourceVersion:
  labels:
    app:
    chart:
    release:
    heritage:
  selfLink:
  uid:
spec:
  clusterSelector:
    matchLabels:
      datacenter:
      environment:
  clusterReplicas:
  clusterConditions:
  ResourceHint:
    type:
    order:
  Policies: