Menu Close

1.3.3. Object Storage リポジトリーを使用したアプリケーションの管理

アプリケーションを使用して Kubernetes リソースをデプロイする場合に、リソースは特定のリポジトリーに配置されます。以下の手順で、オブジェクトストレージリポジトリーからリソースをデプロイする方法を説明します。詳細は、「 アプリケーションモデルおよび定義 」を参照してください。

ユーザーに必要なアクセス権: アプリケーションを作成できるユーザーロールロールが割り当てられているアクションのみを実行できます。「ロールベースのアクセス制御」のドキュメントで、アクセス要件について確認してください。

アプリケーションを使用して Kubernetes リソースをデプロイする場合に、リソースは特定のリポジトリーに配置されます。以下の手順で、Git リポジトリーからリソースをデプロイする方法を説明します。

  1. コンソールのナビゲーションメニューから Manage applications をクリックします。
  2. Create application を クリックします。

    以下の手順では、YAML: On を選択し、アプリケーションの作成時にコンソールで YAML を表示します。このトピックの後半にある「YAML サンプル」を参照してください。

  3. 以下の値を正しいフィールドに入力します。

    • Name: アプリケーションの有効な Kubernetes 名を入力します。
    • namespace: 一覧から namespace を選択します。正しいアクセスロールが割り当てられている場合は、有効な Kubernetes 名を使用して namespace を作成することもできます。
  4. 使用できるリポジトリーの一覧から オブジェクトストレージ を選択します。
  5. 必要な URL パスを入力するか、既存のパスを選択します。

    既存のオブジェクトストレージのリポジトリーパスを選択し、そのリポジトリーがプライベートの場合には、接続情報を指定する必要はありません。接続情報が事前設定されているので、これらの値を確認する必要はありません。

    新しいオブジェクトストレージリポジトリーパスを入力し、そのオブジェクトストレージリポジトリーがプライベートの場合には、オプションでオブジェクトストレージ接続情報を入力できます。

  6. オプションのフィールドに値を入力します。
  7. デプロイメントの前後のタスクをオプションで設定します。
  8. Select clusters to deploy で、アプリケーションの配置ルールの情報を更新できます。以下から選択します。

    • ローカルクラスターへのデプロイ
    • すべてのオンラインクラスターおよびローカルクラスターへのデプロイ
    • 指定されたラベルに一致するクラスターのみへのアプリケーションリソースのデプロイ
    • 配置ルールが定義済みの既存の namespace にアプリケーションを作成した場合には、既存の配置設定を選択する こともできます。
  9. Settings から、アプリケーションの動作を指定できます。特定の期間にデプロイメントへの変更をブロックまたは有効にするには、Deployment window のオプションおよび Time window configuration を選択します。
  10. 別のリポジトリーを選択するか、または Save をクリックします。
  11. Overview ページにリダイレクトされ、詳細とトポロジーを確認できます。

1.3.3.1. YAML 例

以下のチャネル定義例では、オブジェクトストレージをチャネルとして抽象化します。

apiVersion: apps.open-cluster-management.io/v1
kind: Channel
metadata:
 name: dev
 namespace: ch-obj
spec:
 type: Object storage
 pathname: [http://9.28.236.243:31311/dev] # URL is appended with the valid bucket name, which matches the channel name.
 secretRef:
   name: miniosecret
 gates:
   annotations:
     dev-ready: true

注記: REST API を確認するには、「API」を使用します。