Menu Close

1.2. アプリケーションコンソール

コンソールには、アプリケーションライフサイクル管理用のダッシュボードが含まれます。コンソールダッシュボードを使用し、アプリケーションの作成および管理、アプリケーションステータスの表示が可能です。機能が強化され、開発者およびオペレーションスタッフは全クラスターのアプリケーションの作成、デプロイ、更新、管理、可視化がしやすくなります。

以下のアプリケーションコンソール機能を参照してください。

重要: アクションは割り当てられたロールに基づきます。「ロールベースのアクセス制御」のドキュメントで、アクセス要件について確認してください。

  • 関連するリソースリポジトリーやサブスクリプションおよび配置設定など、クラスター全体にデプロイされたアプリケーションを可視化する。
  • アプリケーションの作成および編集とリソースのサブスクライブを行います。デフォルトでは、ハブクラスターは自己管理ができ、local cluster の名前を指定します。このローカルクラスターに、アプリケーションリソースをデプロイできますが、ローカルクラスターへのアプリケーションのデプロイはベストプラクティスではありません。
  • 詳細設定 を使用して、チャネル、サブスクリプション、および配置ルールを表示または編集します。
  • リソースリポジトリー、サブスクリプション、配置ルール、Ansible Tower タスクを使用した (git リポジトリー用の) デプロイメント前後のフック (オプション) などのデプロイされたリソースを含む、アプリケーションリソースに対応するトポロジービューにアクセスする。
  • デプロイメント、更新、およびサブスクリプションなど、アプリケーションのコンテキストで個別のステータスを表示する。

コンソールには、アプリケーション管理機能をそれぞれ提供する各種ツールが含まれます。このような機能を使用すると、アプリケーションリソースの作成、検索、更新、デプロイを簡単に行えます。

1.2.1. アプリケーションの概要

メインの Overview タブで、以下を参照してください。

  • 全アプリケーションを表示するテーブル
  • 一覧表示されたアプリケーションをフィルタリングする Find resouces ボックス
  • アプリケーション名と namespace
  • サブスクリプションを使用してリソースをデプロイするリモートおよびローカルクラスターの数
  • アプリケーションがデプロイしたリソースの定義が格納されているリポジトリーへのリンク
  • 期間の制約の表示 (作成されている場合)
  • アプリケーションの作成日
  • Delete application などの他のアクションアクションは、ユーザーに実行権限がある場合に利用できます。

1.2.1.1. 単一アプリケーションの概要

テーブルのアプリケーション名をクリックし、1 つのアプリケーションの詳細を表示します。以下を参照してください。

  • リソースのステータスなどのクラスターの情報
  • サブスクリプションの情報
  • リソーストポロジー

Editor タブをクリックし、アプリケーションと関連リソースを編集します。