Menu Close

3.2. クレデンシャル

3scale における API クレデンシャルは、user_key または app_id/app_key のどちらかです (使用する認証モードによります)。ステージング環境の API ゲートウェイでは OpenID Connect が有効です。ただし、Integration ページでテストすることはできません。

なお、API で異なるクレデンシャル名を使用することが望ましい場合もあります。この場合、API キーモードを使用していれば user_key にカスタムな名前を設定する必要があります。

Custom user_key

あるいは、以下のように app_id および app_key を設定します。

Custom app_key/app_id

たとえば、app_idkey に変えることが API にとってより適切であれば、名前を変更することができます。ゲートウェイは名前 key を取得し、3scale バックエンドに対して承認呼び出しを行う前に app_id に変換します。新しいクレデンシャル名には、英数字を使用しなければならない点に注意してください。

API がクレデンシャルを渡す際に、クエリー文字列 (GET 以外ではボディー) またはヘッダーのどちらを使用するかを定義することができます。

Proxy Credentials Location
注記

クレデンシャルを抽出する際に、APIcast はヘッダー名を正規化します。つまり、大文字と小文字の区別をなくし、アンダースコアとハイフンを等価に扱います。たとえば、アプリケーションキーのパラメーターを App_Key と設定した場合には、app-key 等の他の値も有効なアプリケーションキーヘッダーとして受け入れられます。