Menu Close

11.3.2. App_ID と App_Key のペア

API キーの認証パターンでは、アプリケーションの識別子とシークレットトークンが 1 つのトークンに組み合わされます。一方、この認証パターンでは両者が分離されます。

  • API を使用する各アプリケーションは、アプリケーション ID (App_ID) と呼ばれるイミュータブルな初期 ID を発行します。App_ID は不変で、秘密である場合とそうでない場合があります。
  • また、各アプリケーション は 1 つから 5 つまでの数の アプリケーションキー (App_Key) を持ちます。それぞれのキーは App_ID に直接関連付けられ、秘密として扱う必要があります。
app_id = 80a4e03 app_key = a1ee8bf10a4e0d1f13853a76f7c8d5f4

デフォルトの設定では、開発者はアプリケーションごとに最大 5 つのキーを作成することができます。これにより、開発者は新しいキーを作成してコードに追加し、アプリケーションを再デプロイして古いキーを無効にすることができます。そのため、API キーを再生成する場合のようなアプリケーションのダウンタイムが発生することはありません。

統計値および流量制御は、API キーごとではなく、常にアプリケーション ID レベルで維持されます。開発者が 2 組の統計値を追跡するためには、2 つのキーではなく 2 つのアプリケーションを作成する必要があります。

システムのモードを変更し、アプリケーションキーを持たないアプリケーションを作成することもできます。この場合には、3scale システムは App_ID のみに基づいてアクセスを認証します (キーの確認は行われません)。このモードは、ウィジェットタイプのシナリオ、またはアプリケーションではなくユーザーに流量制御が適用される場合に役立ちます。ほとんどの API では、アプリケーションごとに少なくとも 1 つのアプリケーションキーを持つ必要があります。この設定は、[your_API_name] > Integration > Settings で可能です。