Menu Close

第3章 高度な APIcast 設定

本セクションでは、ステージング環境における 3scale の API ゲートウェイの高度な設定オプションについて説明します。

3.1. シークレットトークンの定義

セキュリティー上の理由から、3scale ゲートウェイから API バックエンドに送信されるすべてのリクエストには、X-3scale-proxy-secret-token というヘッダーが含まれます。Integration ページの AUTHENTICATION SETTINGS で、このヘッダーの値を設定することができます。

Proxy secret token

設定したシークレットトークンは、プロキシーと API 間の共有シークレットとして機能し、ゲートウェイから送信されていない API リクエストを拒否したい場合には、すべてブロックすることができます。これにより、サンドボックスゲートウェイを使用してトラフィック管理ポリシーをセットアップする際に、公開エンドポイントを保護するための新たなセキュリティーレイヤーを追加することができます。

ゲートウェイが機能するためには、API バックエンドには公開されている解決可能なドメインが必要です。したがって、API バックエンドを知っていれば、誰でもクレデンシャルの確認を迂回することができます。ステージング環境の API ゲートウェイは実稼働環境での使用を想定していないので、このことが問題になることはありません。ただし、アクセスを防げるようにしておいた方が望ましいと言えます。