Menu Close

4.3.3. 別の OpenShift Container Platform 上の 3scale へのカスタムポリシーの追加

カスタムポリシーを OpenShift Container Platform (OCP) 上の APIcast に追加することができます。そのためには、ご自分のカスタムポリシーが含まれる APIcast イメージを 統合 OpenShift Container Platform レジストリー から取得します。

手順

  1. Embedded APIcast にポリシーを追加します。
  2. APIcast ゲートウェイをメインの OpenShift クラスターにデプロイしていない場合には、メインの OpenShift クラスター上の内部レジストリーへの アクセスを確立します
  3. 3scale 2.11 APIcast OpenShift テンプレートを ダウンロードします
  4. テンプレートを変更するには、デフォルトの image ディレクトリーを内部レジストリーの完全なイメージ名に置き換えます。

    image: <registry>/<project>/amp-apicast:latest
  5. カスタマイズしたイメージを指定し、OpenShift テンプレートを使用して APIcast をデプロイします

    oc new-app -f customizedApicast.yml
注記

カスタムポリシーが APIcast に追加されて新しいイメージがビルドされ、そのイメージを使用して APIcast がデプロイされると、管理ポータルではそれらのポリシーが利用可能なポリシーとして自動的に表示されます。既存のサービスはこの新しいポリシーを利用可能なポリシーリストで認識できるので、任意のポリシーチェーンで使用することができます。

カスタムポリシーがイメージから削除され、APIcast が再起動されると、そのポリシーはリスト上で利用可能なポリシーとは表示されなくなるので、ポリシーチェーンに追加することができなくなります。