Menu Close

第2章 Docker コンテナー環境の操作

2.1. Docker コンテナー環境上の APIcast に関するトラブルシューティング

本セクションでは、Docker コンテナー環境上で APIcast を使用する際に直面する、もっとも典型的な問題について説明します。

2.1.1. Cannot connect to the Docker daemon エラー

docker: Cannot connect to the Docker daemon. Is the docker daemon running on this host? というエラーメッセージが表示された場合には、Docker サービスが起動していない可能性があります。sudo systemctl status docker.service コマンドを実行して、Docker デーモンのステータスを確認することができます。

RHEL で Docker コンテナー環境の操作を行う場合、デフォルトでは root 権限が必要なので、このコマンドは必ず root ユーザーとして実行してください。詳細については、このドキュメント を参照してください。

2.1.2. 基本的な Docker コマンドラインインターフェースコマンド

デタッチモードでコンテナーを起動し (-d オプション)、実行中の APIcast インスタンスのログを確認する場合には、log コマンド (sudo docker logs <container>) を使用することができます。ここで、<container> はコンテナー名 (上記の例では「apicast」) またはコンテナー ID です。sudo docker ps コマンドを使用して、実行中のコンテナーならびにその ID および名前を一覧表示することができます。

コンテナーを停止するには、sudo docker stop <container> コマンドを実行します。sudo docker rm <container> コマンドを実行して、コンテナーを削除することもできます。

使用できるコマンドの詳細は、Docker コマンドのリファレンス を参照してください。