4.11. Fence Virt

Fence virt フェンスデバイスのフェンスエージェント fence_virt で使用するフェンスデバイスのパラメータを 表4.12「Fence virt」 に示します。

表4.12 Fence virt

luci フィールドcluster.conf 属性説明
NamenameFence virt フェンスデバイスの名前です
Serial Deviceserial_deviceホスト側で各ドメインの設定ファイル内にシリアルデバイスをマッピングする必要があります (fence_virt.conf の man ページを参照)、このフィールドを指定すると fence_virt フェンシングエージェントはシリアルモードで動作し、指定しないと VM チャンネルモードで動作します
Serial Parametersserial_paramsシリアルパラメータ、 デフォルトは 115200、 8N1 です
VM Channel IP Addresschannel_addressチャンネル IP、 デフォルト値は 10.0.2.179 です
Port or Domain (deprecated)portフェンシングを行なう仮想マシンです (ドメインの UUID または名前)
 ipportチャンネルポート、 デフォルト値は 1229 (luci でこのフェンスデバイスを設定する場合に使用される値) です
Timeouttimeoutフェンシングのタイムアウト、秒単位、デフォルト値は 30 です
Fence Virt のフェンスデバイスを追加する際に使用する設定画面を 図4.10「Fence Virt」 に示します。
Fence Virt

図4.10 Fence Virt

Fence Virt デバイス用のフェンスデバイスインスタンスを作成するコマンドです。
ccs -f cluster.conf --addfencedev fencevirt1 agent=fence_virt serial_device=/dev/ttyS1 serial_params=19200, 8N1
cluster.conf ファイル内の fence_virt デバイス用のエントリーを以下に示します。

 <fencedevices>
   <fencedevice agent="fence_virt" name="fencevirt1" serial_device="/dev/ttyS1" serial_params="19200, 8N1"/>
 </fencedevices>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。