Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.16. IBM BladeCenter

IBM BladeCenter のフェンスエージェント fence_bladecenter で使用するフェンスデバイスのパラメータを 表4.17「IBM BladeCenter」 に示します。

表4.17 IBM BladeCenter

luci フィールドcluster.conf 属性詳細
Namenameクラスターに接続している IBM BladeCenter デバイスの名前です
IP Address or Hostnameipaddrデバイスに割り当てる IP アドレスまたはホスト名です
IP Port (optional)ipportデバイスで接続に使用する TCP ポートです
Loginloginデバイスへのアクセスに使用するログイン名です
Passwordpasswdデバイスへの接続を認証する際に使用するパスワードです
Password Script (optional)passwd_scriptフェンスデバイスへのアクセス用パスワードを与えるスクリプトです (これを使用するとスクリプトの方が Password パラメータより優先されます)
Power Wait (seconds)power_wait電源オフまたは電源オンのコマンドを発行後に待機させる秒数です
Power Timeout (seconds)power_timeout電源オンまたは電源オフのコマンドを発行後、状態変更のテストまで待機させる秒数、デフォルト値は 20 です
Shell Timeout (seconds)shell_timeoutコマンド発行後にコマンドプロンプトを待機させる秒数、デフォルト値は 3 です
Login Timeout (seconds)login_timeoutログイン後にコマンドプロンプトを待機させる秒数、デフォルト値は 5 です
Times to Retry Power On Operationretry_on電源オンの動作を再試行する回数、デフォルト値は 1 です
Use SSHsecureデバイスへのアクセスに SSH を使用するかどうかを指定、SSH を使用する場合はパスワード、パスワードスクリプト、識別ファイルのいずれかを指定する必要があります
SSH オプションssh_options使用する SSH オプション、デフォルト値は -1 -c blowfish です
Path to SSH Identity Fileidentity_fileSSH の 識別ファイル
IBM BladeCenter のフェンスデバイスを追加する際に使用する設定画面を 図4.15「IBM BladeCenter」 に示します。
IBM BladeCenter

図4.15 IBM BladeCenter

IBM BladeCenter デバイス用のフェンスデバイスインスタンスを作成するコマンドです。
ccs -f cluster.conf --addfencedev bladecentertest1 agent=fence_bladecenter ipaddr=192.168.0.1 login=root \
 passwd=password123 power_wait=60
cluster.conf ファイルの fence_bladecenter デバイス用のエントリーを以下に示します。

 <fencedevices>
  <fencedevice agent="fence_bladecenter" ipaddr="192.168.0.1" login="root" name="bladecentertest1" passwd="password123" \
   power_wait="60"/>
 </fencedevices>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。