4.21. IPMI over LAN

IPMI over LAN のフェンスエージェント (fence_ipmilan)、Dell iDRAC のフェンスエージェント (fence_idrac)、IBM Integrated Management Module のフェンスエージェント (fence_imm)、HP iLO3 デバイスのフェンスエージェント (fence_ilo3)、HP iLO4 デバイスのフェンスエージェント (fence_ilo4) は同じ実装を共有します。これらのエージェントで使用されるフェンスデバイスのパラメータを 表4.22「IPMI (Intelligent Platform Management Interface) LAN、Dell iDrac、IBM Integrated Management Module、HPiLO3、HPiLO4」 に示します。

表4.22 IPMI (Intelligent Platform Management Interface) LAN、Dell iDrac、IBM Integrated Management Module、HPiLO3、HPiLO4

luci フィールドcluster.conf 属性詳細
Namenameクラスターに接続されるフェンスデバイスの名前
IP Address or Hostnameipaddrデバイスに割り当てている IP アドレスまたはホスト名
Loginlogin所定のポートに対し電源オンまたはオフのコマンドを発行できるユーザーのログイン名
Passwordpasswdポートへの接続の認証に使用されるパスワード
Password Script (optional)passwd_scriptフェンスデバイスへのアクセス用パスワードを与えるスクリプト (これを使用するとスクリプトの方が Password パラメータより優先される)
Authentication Typeauth認証タイプ: nonepasswordMD5 のいずれか
Use LanpluslanplusTrue または 1 (空白にした場合は False)、ハードウェアが対応している場合は Lanplus を有効にして接続の安全性の強化を図ることを推奨しています
Ciphersuite to use cipherIPMIv2 lanplus の接続に使用するリモートサーバー認証、整合性、及び暗号化のアルゴリズム
Privilege levelprivlvlデバイスの権限レベル
IPMI Operation TimeouttimeoutIPMI オペレーションのタイムアウト (秒単位)
Power Wait (seconds)power_wait電源オンまたは電源オフのコマンドを発行後に待機させる秒数です (fence_ipmilanfence_idracfence_immfence_ilo4 のデフォルト値は 2 秒、fence_ilo3 のデフォルト値は 4 秒です)
Delay (optional)delayフェンシング開始までに待機させる秒数、デフォルト値は 0 です
LIPMI over LAN デバイスを追加する際に使用する設定画面を 図4.20「IPMI over LAN」 に示します。
IPMI over LAN

図4.20 IPMI over LAN

IPMI over LAN デバイス用のフェンスデバイスインスタンスを作成するコマンドです。
ccs -f cluster.conf --addfencedev ipmitest1 agent=fence_ipmilan auth=password cipher=3 ipaddr=192.168.0.1 \
 lanplus=on login=root passwd=password123
cluster.conf ファイル内の fence_ipmilan デバイス用のエントリーを以下に示します。

 <fencedevices>
  <fencedevice agent="fence_ipmilan" auth="password" cipher="3" ipaddr="192.168.0.1" lanplus="on" login="root" \
   name="ipmitest1" passwd="password123"/>
 </fencedevices>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。