3.3.3. 冗長電源を備えたノードの設定

ノード用の冗長電源装置をクラスター設定している場合は、ノードの排他処理を行う必要がある場合にそのノードが完全にシャットダウンするようフェンシングが正しく設定されているか確認してください。各電源装置を別々のフェンスメソッドとして設定するとフェンシングも別々に行われます。つまり、1 つ目の電源装置が排他処理されても 2 つ目の電源装置でシステムは稼働し続けることができるため、排他処理が行なわれないことになります。二重に電源装置を備えたシステムの設定を行なう場合には、両方の電源装置が遮断されシステムが完全に停止するようフェンスデバイスを設定する必要があります。Conga でシステムの設定を行なう場合、ひとつのフェンスメソッド内に 2 種類のインスタンスを設定する必要があります。
二重電源装置を備えたノードにフェンシングを設定する場合は、 本セクションの手順に従ってください。
  1. 冗長電源装置を備えたノードにフェンシングを設定する前に、 まず各電源スイッチをクラスターのフェンスデバイスとして設定しておく必要があります。 フェンスデバイスの設定方法については、 「フェンスデバイスを設定する」 を参照してください。
  2. クラスター固有のページから、 クラスター表示の上部にある Nodes をクリックします。 クラスターを構成しているノード群が表示されます。 このページは、 luci Homebase ページの左側のメニューの Manage Clusters の下に表示されるクラスター名をクリックした場合にも表示されるデフォルトのページになります。
  3. ノード名をクリックします。 ノードのリンクをクリックすると、 そのノードの設定詳細を示すリンク先のページが表示されます。
  4. ノード固有のページで、 Add Fence Method をクリックします。
  5. このノードに設定するフェンスメソッドの名前を入力します。
  6. Submit をクリックします。ノード固有の画面が表示され、Fence Devices の下に追加したメソッドが表示されます。
  7. Add Fence Instance をクリックし、このメソッドに 1 つ目の電源装置をフェンスインスタンスとして設定します。「フェンスデバイスを作成する」 の説明にしたがい前に設定した電源フェンスデバイスがドロップダウンメニューに表示されます。
  8. このメソッドに電源フェンスデバイスを一つ選択し適切なパラメータを入力します。
  9. Submit をクリックします。 ノード固有の画面に戻り、 フェンスメソッドとフェンスインスタンスが表示されます。
  10. 1 つ目の電源フェンスデバイスを設定した同じフェンスメソッドで Add Fence Instance をクリックします。「フェンスデバイスを作成する」 の説明にしたがい前に設定した電源フェンスデバイスがドロップダウンメニューに表示されます。
  11. このメソッドに 2 つ目の電源フェンスデバイスを選択して適切なパラメータを入力します。
  12. Submit をクリックします。 ノード固有の画面に戻り、 フェンスメソッドとフェンスインスタンスが表示されます。 各デバイスにより順番にシステムの電源が切られ、 また順番にシステムの電源が入れられるのが分かります。 図3.2「二重電源装置を備えている場合のフェンシング設定」 をご覧ください。
    二重電源装置を備えている場合のフェンシング設定

    図3.2 二重電源装置を備えている場合のフェンシング設定


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。