3.3. クラスターメンバーにフェンシングを設定する

クラスターの作成、 フェンスデバイスの作成など最初の手順が完了したら、 クラスターノードにフェンシングを設定する必要があります。 新しいクラスターを作成しクラスターにフェンシングのデバイスを設定した後、 ノードにフェンシングを設定するには、 このセクションに記載している手順に従って行ないます。 フェンシングはクラスター内の各ノードに対してそれぞれ行なう必要があるため注意してください。
以下のセクションでは、 ノードにフェンスデバイスをひとつ設定する手順、 ノードにバックアップ用のフェンスデバイスを設定する手順、 冗長電源装置を備えたノードの設定を行う手順について説明していきます。

3.3.1. ノードにフェンスデバイスをひとつ設定する

次の手順にしたがいノードにフェンスデバイスを一つ設定します。
  1. クラスター固有のページから、 クラスター表示の上部にある Nodes をクリックしてクラスター内のノードにフェンシングを設定します。クラスターを構成しているノード群が表示されます。 このページは、 luci Homebase ページの左側のメニューの Manage Clusters の下に表示されるクラスター名をクリックした場合にも表示されるデフォルトのページになります。
  2. ノード名をクリックします。 ノードのリンクをクリックすると、 そのノードの設定詳細を示すリンク先のページが表示されます。
    ノード固有のページには、 ノードで現在実行中の全サービスの他、 このノードがメンバーとなっているフェールオーバードメインも表示されます。 ドメイン名をクリックすると既存のフェールオーバードメインを変更することができます。
  3. ノード固有のページの Fence Devices の下にある Add Fence Method をクリックします。 Add Fence Method to Node ダイアログボックスが表示されます。
  4. このノードに設定するフェンスメソッドの Method Name を入力します。Red Hat High Availability Add-On で使用される任意の名前になります。デバイスの DNS 名とは異なります。
  5. Submit をクリックします。ノード固有の画面が表示され、Fence Devices の下に追加したメソッドが表示されます。
  6. このメソッドにフェンスインスタンスを設定するには、 フェンスメソッドの下に表示される Add Fence Instance ボタンをクリックします。 「フェンスデバイスを作成する」 の説明にしたがい前に設定したフェンスデバイスが Add Fence Device (Instance) ドロップダウンメニューに表示されます。
  7. このメソッドのフェンスデバイスを選択します。 フェンスデバイスにノード固有のパラメータを設定する必要がある場合には設定すべきパラメータが表示されます。

    注記

    電源フェンシング以外のメソッド (SAN/ストレージのフェンシング) の場合、 ノード固有のパラメータ表示には Unfencing がデフォルトで選択されています。 フェンシングしたノードはその再起動が行なわれるまでストレージには再度アクセスさせないようにするためです。 ノードにアンフェンシングを設定する方法については fence_node(8) の man ページを参照してください。
  8. Submit をクリックします。 ノード固有の画面に戻り、 フェンスメソッドとフェンスインスタンスが表示されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。