4.10. Fence kdump

kdump クラッシュリカバリーサービスのフェンスエージェント fence_kdump で使用されるフェンスデバイスのパラメータを 表4.11「Fence kdump」 に示します。fence_kdump は従来のフェンシングメソッドの代替ではありません。fence_kdump で行えるのはノードが kdump クラッシュリカバリーサービスに入ったことを検知するだけです。従来の電源フェンスメソッドで排他処理が行われる前に kdump クラッシュリカバリーサービスを完了させることができます。

表4.11 Fence kdump

luci フィールドcluster.conf 属性詳細
Namenamefence_kdump デバイスの名前です
IP FamilyfamilyIP ネットワークファミリー、デフォルト値は auto です
IP Port (optional)ipportfence_kdump エージェントによってメッセージのリッスンに使用される IP ポート番号、デフォルト値は 7410 です
Operation Timeout (秒) (オプション)timeout障害が発生したノードからのメッセージを待機する秒数です
Node namenodenameフェンシングを行うノードの名前または IP アドレスです

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。