第8章 サービスディスカバリー

3scale の提供するサービスディスカバリー機能を使用すると、OpenShift からサービスをインポートすることができます。

8.1. サービスディスカバリーについて

サービスディスカバリーを使用すると、同じ OpenShift クラスター内で実行されている検出可能な API サービスの有無をスキャンし、関連する API 定義を 3scale に自動的にインポートすることができます。

いつでも API インテグレーションおよび OpenAPI Specification を更新して、それらを後からクラスターと再度同期することもできます。

サービスディスカバリーにより、以下の機能を利用することができます。

  • クラスター API を使用して、正しく検出のアノテーションが付けられたサービスのクエリーを行う。
  • クラスター内の内部エンドポイントを使用してサービスにアクセスするように 3scale を設定する。
  • サービスに関連付けられた OpenAPI Specification を 3scale ActiveDocs としてインポートする。
  • OpenShift と Red Hat Single Sign-On (RH SSO) の承認フローをサポートする。
  • Fuse バージョン 7.2 以降の Red Hat Fuse と協調する。

検出可能なサービスをインポートする場合、その namespace はサービスが属するプロジェクト内に維持されます。インポートされたサービスは、新しい顧客がアクセスする API (プロダクト) およびそれに対応する内部 API (バックエンド) になります。

  • オンプレミス型 3scale では、3scale API プロバイダーは固有の namespace およびサービスを持つ場合があります。検出されたサービスは、3scale の既存ネイティブサービスと共存することができます。
  • Fuse の検出可能サービスは、Fuse のプロダクション namespace にデプロイされます。

8.1.1. 検出可能サービスの条件

3scale が OpenShift クラスターの API を検出できるためには、その API は以下に示す各要素の条件を満たしている必要があります。

Content-Type ヘッダー

API 仕様の Content-Type ヘッダーの値は、以下のいずれかでなければなりません。

  • application/swagger+json
  • application/vnd.oai.openapi+json
  • application/json

OpenShift Service Object YAML 定義

  • OpenShift Service Object YAML 定義には、以下のメタデータが含まれている必要があります。

    • discovery.3scale.net ラベル (必須):「true」に設定します。検出が必要なすべてのサービスを探すために 3scale がセレクター定義を実行する際に、このラベルが使用されます。
    • また、以下のアノテーションが含まれている必要があります。

      discovery.3scale.net/discovery-version (オプション): 3scale の検出プロセスのバージョン。

      discovery.3scale.net/scheme (必須): サービスをホストする URL のスキーム部分。設定可能な値は「http」および「https」です。

      discovery.3scale.net/port (必須): クラスター内のサービスのポート番号。

      discovery.3scale.net/path (オプション): サービスをホストする URL の相対ベースパス。パスがルート (「/」) の場合には、このアノテーションを省略することができます。

      discovery.3scale.net/description-path: サービスの OpenAPI サービス記述ドキュメントへのパス。

      例を以下に示します。

          metadata:
            annotations:
              discovery.3scale.net/scheme: "https"
              discovery.3scale.net/port: '8081'
              discovery.3scale.net/path: "/api"
              discovery.3scale.net/description-path: "/api/openapi/json"
           labels:
              discovery.3scale.net: "true"
           name: i-task-api
           namespace: fuse
    • 管理者権限を持つ OpenShift ユーザーであれば、OpenShift のコンソールで API サービスの YAML ファイルを表示することができます。

      1. Applications > Services の順に選択します。
      2. サービスを選択し (例: i-task-api)、その Details のページを表示します。
      3. Actions > Edit YAML の順に選択し、YAML ファイルを開きます。
      4. ファイルの表示を終えたら、Cancel を選択します。

ovs-networkpolicy プラグインを持つクラスター

  • OpenShift と 3scale プロジェクト間のトラフィックを許可する場合、ovs-networkpolicy プラグインを持つクラスターには、アプリケーションプロジェクト内で作成された NetworkPolicy オブジェクトが必要です。
  • NetworkPolicy オブジェクトの設定についての詳細は、『Networking』の「About network policy」を参照してください。