8.3. 検出されたサービスのインポート

OpenShift クラスターから、OpenAPI Specification に準拠する新しい API サービスをインポートすることができます。この API を 3scale で管理することができます。

前提条件

  • OpenShift の管理者が、OpenShift クラスターにサービスディスカバリーを設定している。たとえば、OpenShift の管理者は、Fuse Online カスタムリソースを編集して 3scale ユーザーインターフェースの URL を指定し、3scale の検出機能を有効にしている必要があります。
  • 「サービスディスカバリーについて」で説明するように、3scale の管理者が 3scale デプロイメントでサービスディスカバリーを設定している。
  • 3scale の管理者が、3scale ユーザーまたはサービスアカウント (設定されている認証モードによる) に、API サービスおよびその namespace を表示するのに必要な権限を付与している。詳細は、「OpenShift プロジェクトへの 3scale アクセスの承認」を参照してください。
  • 「検出可能サービスの条件」で説明するように、サービスディスカバリーを有効にする正しいアノテーションが API に付けられている。
  • API サービスが、3scale をインストールしたクラスターと同じ OpenShift クラスターにデプロイされている。
  • API のサービス名およびその namespace (OpenShift プロジェクト) を把握している。

手順

  1. 3scale 管理ポータルにログインします。
  2. 管理ポータルの Dashboard で、NEW API をクリックします。
  3. Import from OpenShift を選択します。

  4. Namespace フィールドで、API が含まれる OpenShift プロジェクトを指定または選択します (例: fuse)。
  5. Name フィールドで、上記 namespace 内の OpenShift サービスの名前を入力または選択します (例: i-task-api)。
  6. Create Service をクリックします。
  7. 新しい API サービスが 3scale に非同期的にインポートされるのを待ちます。管理ポータル右上のセクションに、The service will be imported shortly. You will receive a notification when it is done. というメッセージが表示されます。

次のステップ

API 管理の詳細については、Red Hat 3scale API Management のドキュメント を参照してください。