第6章 インフラストラクチャーマシンセットの作成

インフラストラクチャーコンポーネントのみをホストするようにマシンセットを作成することができます。特定の Kubernetes ラベルをこれらのマシンに適用してから、インフラストラクチャーコンポーネントをそれらのマシンでのみ実行されるように更新します。これらのインフラストラクチャーノードは、環境の実行に必要なサブスクリプションの合計数にカウントされません。

重要

以前のバージョンの OpenShift Container Platform とは異なり、インフラストラクチャーコンポーネントをマスターマシンに移動することはできません。コンポーネントを移動するには、新規マシンセットを作成する必要があります。

6.1. OpenShift Container Platform インフラストラクチャーコンポーネント

以下のインフラストラクチャーワークロードでは、OpenShift Container Platform ワーカーのサブスクリプションは不要です。

  • マスターで実行される Kubernetes および OpenShift Container Platform コントロールプレーンサービス
  • デフォルトルーター
  • 統合コンテナーイメージレジストリー
  • ユーザー定義プロジェクトのモニタリング用のコンポーネントを含む、クラスターメトリクスの収集またはモニタリングサービス
  • クラスター集計ロギング
  • サービスブローカー
  • Red Hat Quay
  • Red Hat OpenShift Container Storage
  • Red Hat Advanced Cluster Manager

他のコンテナー、Pod またはコンポーネントを実行するノードは、サブスクリプションが適用される必要のあるワーカーノードです。