9.3.2. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンの作成

ベアメタルインフラストラクチャーにインストールされているクラスターにコンピュートマシンを追加する前に、それが使用する RHCOS マシンを作成する必要があります。ISO イメージまたはネットワーク PXE ブートを使用してマシンを作成できます。

9.3.2.1. ISO イメージを使用した追加の RHCOS マシンの作成

ISO イメージを使用して、ベアメタルクラスターの追加の Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) コンピュートマシンを作成できます。

前提条件

  • クラスターのコンピュートマシンの Ignition 設定ファイルの URL を取得します。このファイルがインストール時に HTTP サーバーにアップロードされている必要があります。
  • クラスターのインストール時に HTTP サーバーにアップロードした BIOS または UEFI RHCOS イメージファイルの URL を取得します。

手順

  1. ISO ファイルを使用して、追加のコンピュートマシンに RHCOS をインストールします。クラスターのインストール前にマシンを作成する際に使用したのと同じ方法を使用します。

    • ディスクに ISO イメージを書き込み、これを直接起動します。
    • LOM インターフェースで ISO リダイレクトを使用します。
  2. インスタンスの起動後に、TAB または E キーを押してカーネルコマンドラインを編集します。
  3. パラメーターをカーネルコマンドラインに追加します。

    coreos.inst=yes
    coreos.inst.install_dev=sda 1
    coreos.inst.image_url=<bare_metal_image_URL> 2
    coreos.inst.ignition_url=http://example.com/worker.ign 3
    1
    インストール先のシステムのブロックデバイスを指定します。
    2
    サーバーにアップロードした UEFI または BIOS イメージの URL を指定します。
    3
    コンピュート Ignition 設定ファイルの URL を指定します。
  4. Enter を押してインストールを完了します。RHCOS のインストール後に、システムは再起動します。システムの再起動後、指定した Ignition 設定ファイルを適用します。
  5. 継続してクラスター用の追加のコンピュートマシンを作成します。