1.4.2. RHOSP 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) で実行され、node-role.kubernetes.io/<role>: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、infrastructure_ID はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID ラベルであり、node_role は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_ID> 1
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <node_role> 2
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <node_role> 3
  name: <infrastructure_ID>-<node_role> 4
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: <number_of_replicas>
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_ID> 5
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_ID>-<node_role> 6
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_ID> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <node_role> 8
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <node_role> 9
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_ID>-<node_role> 10
    spec:
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: openstackproviderconfig.openshift.io/v1alpha1
          cloudName: openstack
          cloudsSecret:
            name: openstack-cloud-credentials
            namespace: openshift-machine-api
          flavor: <nova_flavor>
          image: <glance_image_name_or_location>
          serverGroupID: <optional_UUID_of_server_group> 11
          kind: OpenstackProviderSpec
          networks: 12
          - filter: {}
            subnets:
            - filter:
                name: <subnet_name>
                tags: openshiftClusterID=<infrastructure_ID>
          primarySubnet: <rhosp_subnet_UUID> 13
          securityGroups:
          - filter: {}
            name: <infrastructure_ID>-worker
          serverMetadata:
            Name: <infrastructure_ID>-worker
            openshiftClusterID: <infrastructure_ID>
          tags:
          - openshiftClusterID=<infrastructure_ID>
          trunk: true
          userDataSecret:
            name: worker-user-data 14
          availabilityZone: <optional_openstack_availability_zone>
1 5 7
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
2 3 8 9 14
追加するノードラベルを指定します。
4 6 10
インフラストラクチャー ID およびノードラベルを指定します。
11
MachineSet のサーバーグループポリシーを設定するには、サーバーグループの作成 から返された値を入力します。ほとんどのデプロイメントでは、anti-affinity または soft-anti-affinity が推奨されます。
12
複数ネットワークへのデプロイメントに必要です。複数ネットワークにデプロイする場合、この一覧には、primarySubnetが の値として使用されるネットワークが含まれる必要があります。
13
ノードのエンドポイントを公開する RHOSP サブネットを指定します。通常、これは install-config.yaml ファイルの machinesSubnet の値として使用される同じサブネットです。