6.2.3. 専用インフラストラクチャーノードの作成

重要

インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャー環境またはマスターノードがマシン API によって管理されているクラスターについて、「 Creating infrastructure machine set」を参照してください。

クラスターの要件により、インフラストラクチャー( infra ノードとも呼ばれる)がプロビジョニングされます。インストーラーは、マスターノードとワーカーノードのプロビジョニングのみを提供します。ワーカーノードは、ラベル付けによって、インフラストラクチャーノードまたはアプリケーション (app とも呼ばれる) として指定できます。

手順

  1. アプリケーションノードとして機能させるワーカーノードにラベルを追加します。

    $ oc label node <node-name> node-role.kubernetes.io/app=""
  2. インフラストラクチャーノードとして機能する必要のあるワーカーノードにラベルを追加します。

    $ oc label node <node-name> node-role.kubernetes.io/infra=""
  3. 該当するノードに infra ロールおよび app ロールがあるかどうかを確認します。

    $ oc get nodes
  4. ノードセレクターのない Pod がデプロイされるノードのサブセット (ワーカーノードのデフォルトのデプロイメントなど) に割り当てられるようにデフォルトのノードセレクターを作成します。たとえば、デフォルトでワーカーノードに Pod をデプロイするための defaultNodeSelector は以下のようになります。

    defaultNodeSelector: node-role.kubernetes.io/app=
  5. 新たにラベルが付けられた infra ノードにインフラストラクチャーリソースを移動します。