第10章 マシンヘルスチェックのデプロイ

マシンヘルスチェックを設定し、デプロイして、マシンプールにある破損したマシンを自動的に修復します。

重要

このプロセスは、マシンを独自に手動でプロビジョニングしているクラスターには適用されません。高度なマシン管理およびスケーリング機能は、マシン API が機能しているクラスターでのみ使用することができます。

10.1. マシンのヘルスチェック

MachineHealthCheck リソースを使用して、クラスター内のマシンが正常ではないとみなされる条件を定義できます。条件に一致するマシンは自動的に修復されます。

マシンの正常性を監視するには、監視する一連のマシンのラベルや、NotReady ステータスの期間を 15 分にしたり、 node-problem-detector に永続的な条件を表示したりするなど、チェックする条件を含む MachineHealthCheck カスタムリソース (CR) を作成します。

MachineHealthCheck CR を観察するコントローラーは定義した条件の有無をチェックします。マシンがヘルスチェックに失敗した場合、このマシンは自動的に検出され、新規マシンが代わりに作成されます。マシンが削除されると、machine deleted イベントが表示されます。

注記

マスターロールを持つマシンの場合、マシンのヘルスチェックは正常でないノードの数を報告しますが、マシンは削除されません。以下は例になります。

出力例

$ oc get machinehealthcheck example -n openshift-machine-api

NAME      MAXUNHEALTHY   EXPECTEDMACHINES   CURRENTHEALTHY
example   40%            3                  1

マシンの削除による破壊的な影響を制限するために、コントローラーは 1 度に 1 つのノードのみをドレイン (解放) し、これを削除します。マシンのターゲットプールで許可される maxUnhealthy しきい値を上回る数の正常でないマシンがある場合、コントローラーはマシンの削除を停止し、手動で介入する必要があります。

チェックを停止するには、カスタムリソースを削除します。

10.1.1. ベアメタル上の MachineHealthCheck

ベアメタルクラスターでのマシンの削除により、ベアメタルホストの再プロビジョニングがトリガーされます。通常、ベアメタルの再プロビジョニングは長いプロセスで、クラスターにコンピュートリソースがなくなり、アプリケーションが中断される可能性があります。デフォルトの修復プロセスをマシンの削除からホストの電源サイクルに切り換えるには、MachineHealthCheck リソースに machine.openshift.io/remediation-strategy: external-baremetal アノテーションを付けます。

アノテーションの設定後に、BMC 認証情報を使用して正常でないマシンの電源が入れ直されます。

10.1.2. マシンヘルスチェックのデプロイ時の制限

マシンヘルスチェックをデプロイする前に考慮すべき制限事項があります。

  • マシンセットが所有するマシンのみがマシンヘルスチェックによって修復されます。
  • コントロールプレーンマシンは現在サポートされておらず、それらが正常でない場合にも修正されません。
  • マシンのノードがクラスターから削除される場合、マシンヘルスチェックはマシンが正常ではないとみなし、すぐにこれを修復します。
  • nodeStartupTimeout の後にマシンの対応するノードがクラスターに加わらない場合、マシンは修復されます。
  • Machine リソースフェーズが Failed の場合、マシンはすぐに修復されます。

追加リソース