7.2. RHEL コンピュートノードのシステム要件

OpenShift Container Platform 環境の Red Hat Enterprise Linux (RHEL) コンピュートマシンホスト (またはワーカーマシンホストとしても知られる) は以下の最低のハードウェア仕様およびシステムレベルの要件を満たしている必要があります。

  • まず、お使いの Red Hat アカウントに有効な OpenShift Container Platform サブスクリプションがなければなりません。これがない場合は、営業担当者にお問い合わせください。
  • 実稼働環境では予想されるワークロードに対応するコンピュートーノードを提供する必要があります。クラスター管理者は、予想されるワークロードを計算し、オーバーヘッドの約 10 パーセントを追加する必要があります。実稼働環境の場合、ノードホストの障害が最大容量に影響を与えることがないよう、十分なリソースを割り当てるようにします。
  • 各システムは、以下のハードウェア要件を満たしている必要があります。

    • 物理または仮想システム、またはパブリックまたはプライベート IaaS で実行されるインスタンス。
    • ベース OS: RHEL 7.7-7.8 (「最小」のインストールオプション)

      重要

      OpenShift Container Platform 4.5 でサポートされるのは RHEL 7.7-7.8 のみになります。コンピュートマシンを RHEL 8 にアップグレードすることはできません。

    • FIPS モードで OpenShift Container Platform をデプロイしている場合、起動する前に FIPS を RHEL マシン上で有効にする必要があります。詳細は、RHEL 7 のドキュメントの「FIPS モードの有効化」を参照してください。
    • NetworkManager 1.0 以降。
    • 1 vCPU。
    • 最小 8 GB の RAM。
    • /var/ を含むファイルシステムの最小 15 GB のハードディスク領域。
    • /usr/local/bin/ を含むファイルシステムの最小 1 GB のハードディスク領域。
    • システムの一時ディレクトリーを含むファイルシステムの最小 1 GB のハードディスク領域。システムの一時ディレクトリーは、Python の標準ライブラリーの tempfile モジュールで定義されるルールに基づいて決定されます。
  • 各システムは、システムプロバイダーの追加の要件を満たす必要があります。たとえば、クラスターを VMware vSphere にインストールしている場合、ディスクはその ストレージガイドライン に応じて設定され、disk.enableUUID=true 属性が設定される必要があります。
  • 各システムは、DNS で解決可能なホスト名を使用してクラスターの API エンドポイントにアクセスできる必要があります。配置されているネットワークセキュリティーアクセス制御は、クラスターの API サービスエンドポイントへのシステムアクセスを許可する必要があります。

7.2.1. 証明書署名要求の管理

ユーザーがプロビジョニングするインフラストラクチャーを使用する場合、クラスターの自動マシン管理へのアクセスは制限されるため、インストール後にクラスターの証明書署名要求 (CSR) のメカニズムを提供する必要があります。kube-controller-manager は kubelet クライアント CSR のみを承認します。machine-approver は、kubelet 認証情報を使用して要求される提供証明書の有効性を保証できません。適切なマシンがこの要求を発行したかどうかを確認できないためです。kubelet 提供証明書の要求の有効性を検証し、それらを承認する方法を判別し、実装する必要があります。