Translated message

A translation of this page exists in English.

Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Red Hat サポートチームにファイル (vmcore、rhev logcollector、sosreport、ヒープダンプ、ログファイルなど) を送付する

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat サポートに送信する必要のあるファイル
  • Red Hat の Secure FTP - sftp.access.redhat.com
  • 注記: 電子メールに添付されているファイルをサポートケースに送信しないでください。
    • 返答メールのテキスト本文はケース内のコメントとして処理されますが、メールの添付ファイルはすべて削除および破棄されます。 メールの添付ファイルとして送信せずに、以下の「解決策」に記述されている方法の 1 つを使用してください。

Issue

  • Red Hat サポートにファイルを送付する方法

    • 実稼働サーバーがクラッシュしたときに、どのようにドキュメント、スクリーンショット、およびクラッシュダンプ (kdump) を添付しますか?
    • ハードリブート後に、tcpdump、strace、top、ps、vmstat、iostat などのデータを収集し、分析用に提供します。送信先はどこでしょうか?
    • システムがハングしたのでその理由を知りたいのですが、どのように分析用のデータを提供したらよいですか?
    • Red Hat サポートケースにファイルを添付する方法は?
    • サポートチームにファイルをアップロードする必要があります。
    • Red Hat のサポートケースにファイルを添付する必要があります。
  • Red Hat サポートにサイズの大きなファイル (vmcore、rhev logcollector、サイズの大きな sosreports、ヒープダンプ、サイズの大きなログファイルなど) を提供する方法

    • カスタマーポータルのアップローダーは、サイズが 250GB までの各添付ファイルをアップロードできます。
    • redhat-support-tool は、1GB 以下のファイルのアップロードのみをサポートしていますが、Red Hat のテクニカルサポートにサイズが大きなファイルをアップロードするにはどうしたらいいですか?
  • Red Hat の Secure FTP (sftp.access.redhat.com) にファイルをアップロードする方法

Resolution

目次

  1. カスタマーポータルでのファイルのアップロード
  2. Red Hat Support Tool
  3. Secure FTP
  4. アップロードのためにファイルを分割
  5. ファイルのダイジェストの計算

カスタマーポータルでのファイルのアップロード

最大 250GB のファイルをカスタマーポータルに直接アップロードできるようになりました。サイズの大きなファイルのアップロードに別の方法を使用する必要がなくなりました。Red Hat カスタマーポータルでファイルを添付する場合は「ファイルの添付」を参照してください。

IE (Internet Explorer) ブラウザーでは、アップロードに 15 分以上かかるとタイムアウトする既知の問題が存在します。これは、非常に大きなファイルのアップロードでのみ発生するはずです。非常に大きなファイルを提供する必要がある場合は、この問題が修正されるまで Chrome/Firefox または FTP を使用してください。

Red Hat Support Tool

注記: 現在、各ファイルのアップロードには 1GB のサイズ制限があります。 このサイズ制限は RHBZ Bug 1653573 で対応しています。

  • ケースの作成: システムからファイルを直接アップロードするには、Red Hat Support Tool (redhat-support-tool) を使用することもできます。これにより、柔軟性やスクリプト機能が提供されます。sosreport などのファイルをアップロードする場合、最も簡単な方法は以下のとおりです。

    $ redhat-support-tool addattachment -c CASE_NUMBER /path/to/sosreport
    

注記: インストール手順を含む redhat-support-tool に関する詳細はRed Hat Access の Red Hat Support Toolを参照してください。

  • Dropbox FTP の場合:

    • ファイルをカスタマーポータルに直接アップロードします。FTP サイトにアップロードする場合は、「-f」オプションを使用します。

      $ redhat-support-tool addattachment -c CASE_NUMBER -f /path/to/sosreport
      
    • ファイルを分割して FTP にアップロードする: 非常に大きな vmcore ファイルがあり、Dropbox FTP サイトにアクセスできない場合は、「-s」オプションを使用してファイルを新しいバージョンのサポートツールで分割し、ファイルをカスタマーポータルにアップロードできます。

      $ redhat-support-tool addattachment -c CASE_NUMBER -s 1024 -f /path/to/vmcore
      
    • この機能は、http://filezilla-project.org/ のマルチプラットフォーム GUI FTP クライアントを使用してテストされています。

注記: Dropbox FTP は非推奨となったため、Red Hat Support Tool は新しい Secure FTP を示すように近日更新される予定です。Red Hat Support Tool に新しい更新が追加されるまで、直接 Secure FTP を使用してファイルをアップロードするようにしてください。

Secure FTP

Red Hat の新しい Secure FTP プラットフォーム sftp.access.redhat.com を利用できるようになりました。

新しいプラットフォームは、従来の dropbox.redhat.com ファイル共有プラットフォームに代わるもので、お客様が Red Hat にファイルをアップロードするために、コマンドラインによるアクセスが可能で、持続可能なクロスプラットフォームのエンドポイントを提供することが目的です。新しい Secure FTP は、サポートケースへのファイルの添付や、サポートケース以外のファイルの共有に使用できます。新しい Secure FTP プラットフォームの使用方法の詳細は、「ユーザーガイド」を参照してください。

アップロードのためにファイルを分割

50 GB の vmcore ファイルを Red Hat にアップロードしても問題のないお客様もいらっしゃいますが、1 - 2GB 以上のファイルで問題が発生するお客様もいらっしゃいます。ファイルのサイズやネットワークの輻輳などが原因で大きなファイルのアップロードが確実に完了しない場合や、その他の問題でアップロードが正常に完了しない場合があります。 アップロードに失敗すると、多くの場合ではファイルを最初からアップロードする必要があります。

サイズ、ネットワークの安定性、またはその他の問題が原因で、過去にポータルや redhat-support-tool (または FTP) でファイルのアップロードに問題があった場合、ファイルを分割して、分割された各ファイルをアップロードできます。現在、Vmcore などの大きなファイルを分割する場合は、はじめに 1GB のファイルに分割することが推奨されています。 それでも失敗した場合は、512m のサイズにフォールバックして再試行します。

  • splitコマンドを使用すると、dropbox.redhat.com へのアップロードや、Red Hat カスタマーポータルでのサポートケースへのアップロードのために大きなサイズのファイルを分割することができます。 分割された 1 つのファイルをアップロードできなかった場合は、それのみを再度アップロードする必要があります。

    • たとえば、以下は 8.5GiB の vmcore ファイルを 9 つの小さなファイルに分割します。 -b 1024m コマンドラインオプションは、各ファイルのサイズを最大 1024MB (1GiB) に制限し、分割します。

      # ls -ltrh largefile.tar.xz
      -rw-rw-r--. 1 root    root    8.5G Feb 20 13:54 largefile.tar.xz
      # split -b 1024m -a 2 -d largefile.tar.xz largefile.tar.xz.part
      # ls -ltrh largefile.tar.xz.*
      -rw-rw-r--. 1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part00
      -rw-rw-r--. 1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part01
      -rw-rw-r--. 1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part02
      -rw-rw-r--. 1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part03
      -rw-rw-r--. 1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part04
      -rw-rw-r--. 1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part05
      -rw-rw-r--. 1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part06
      -rw-rw-r--. 1 root root 1.0G Feb 21 10:02 largefile.tar.xz.part07
      -rw-rw-r--. 1 root root 508M Feb 21 10:02 largefile.tar.xz.part08
      
    • cat コマンドを使用すると、分割されたファイルを結合できます。

      # ls -1c -v largefile.tar.xz.part* | xargs -I {} cat {} >> largefile.tar.xz
      
    • 詳細およびコマンドオプションは、man split を参照してください。

ファイルのダイジェストの計算

  • アップロードしたファイルの MD5 メッセージダイジェストを計算するには、以下を実行します。

     $ md5sum [filename]
    
  • または、アップロードしたファイルの SHA1 メッセージダイジェストを計算するには、以下を実行します。

     $ sha1sum [filename]
    

脚注

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.