Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Ret Hat サポートチームにファイル (vmcore、rhev logcollector、sosreport、ヒープダンプ、ログファイルなど) を送付する

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat グローバルサポートサービスの公開 FTP (dropbox.redhat.com)
  • ファイルを Red Hat グローバルサポートサービスに送付する必要がある場合

Issue

  • Ret Hat サポートチームにサイズの大きなファイル (vmcore、rhev logcollector、サイズの大きな sosreport、ヒープダンプ、サイズの大きなログファイルなど) を送付するにはどうすれば良いですか?
  • Red Hat の FTP dropbox.redhat.com にファイルをアップロードするにはどうすれば良いですか?
  • カスタマーポータルのケース画面でアップロードできるファイルは、1GB 以下となります。Red Hat テクニカルサポートに巨大なファイルをアップロードするにはどうすれば良いですか?
  • プロダクション環境のサーバーがクラッシュしました。ドキュメント、スクリーンショット、crashdump (kdump) を添付するにはどうすれば良いですか?
  • システムを再起動してから、tcpdump、strace、top, ps、vmstat、iostat などのデータや、解析用レポートを収集するにはどうすれば良いですか? その送付先は ?
  • システムがハングアップした理由を知りたい場合、解析用データはどこに送付すれば良いですか?
  • dropbox.redhat.com:/incoming ファイルを送信することができません。

Resolution

コンテンツ

  1. カスタマーポータルからファイルをアップロード
  2. アップロードするファイルを分割する
  3. Red Hat サポートツール
  4. Secure FTP
  5. FTP
  6. プロキシサーバーで curl を使用する FTP

カスタマーポータルからファイルをアップロード

  • Red Hat カスタマーポータルに 1GB 以下のファイルを添付する方法については、Attaching files を参照してください。
    注意: vmcore (クラッシュダンプ) ファイルは、その大きさに関わらず、常に FTP サーバー1にアップロードする必要があります。 可能な限り、sosreport ファイルは web インターフェイスからサポートケースに添付する必要があります。これにより、サポート対応を迅速化することができます。

アップロードするファイルを分割する

お客様の環境によっては、50GB にもなる vmcore ファイルを問題なく dropbox.redhat.com にアップロードできる場合と、 1~2GB を超える大きさのファイルをアップロードできない場合があります。ファイルサイズやネットワークの輻輳などの問題によって、サイズの大きなファイルを FTP でアップデートすることができない場合もあります。公開されている多くの FTP サーバー (dropbox.redhat.com など) は、ブラインドのアップロードディレクトリを使用しているため、これらのサーバーへのアップロードに失敗すると最初からやり直す必要があります。

サイズ、ネットワークの安定性などの問題が原因で、サポートケースまたは dropbox.redhat.com にファイルをアップロードにできない場合は、ファイルを分割してアップロードしてください。現時点では、vmcore などの大きなファイルを分割する場合は、まず最初にファイルを 1GB ずつに分割することが推奨されます。 1GB でも失敗する場合は、512m にしてやり直してください。

  • split コマンドを使用すれば、大きなファイルを小さく分割して、dropbox.redhat.com や、Red Hat カスタマーポータルのサポートケースにアップロードすることができます。 分割したファイルのアップロードに失敗したら、失敗したファイルだけをアップロードし直す必要があります。

    • たとえば、以下の例では 8.5 GiB にもなる vmcore ファイルを 9 個のファイルに分割してアップロードします。 -b 1024m コマンドラインオプションを使用すると、分割したファイルサイズを最大 1024MB (1GiB) に制限することができます。

      # ls -ltrh largefile.tar.xz
      -rw-rw-r--.1 root    root    8.5G Feb 20 13:54 largefile.tar.xz
      # split -b 1024m -a 2 -d largefile.tar.xz largefile.tar.xz.part
      # ls -ltrh largefile.tar.xz.*
      -rw-rw-r--.1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part00
      -rw-rw-r--.1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part01
      -rw-rw-r--.1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part02
      -rw-rw-r--.1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part03
      -rw-rw-r--.1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part04
      -rw-rw-r--.1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part05
      -rw-rw-r--.1 root root 1.0G Feb 21 10:01 largefile.tar.xz.part06
      -rw-rw-r--.1 root root 1.0G Feb 21 10:02 largefile.tar.xz.part07
      -rw-rw-r--.1 root root 508M Feb 21 10:02 largefile.tar.xz.part08
      
    • 分割したファイルは、cat コマンドで 1 つのファイルに戻せます。

      # ls -1c -v largefile.tar.xz.part* | xargs -I {} cat {} >> largefile.tar.xz
      
    • 詳細とコマンドオプションについては man split を参照してください。

Red Hat サポートツール

  • ケースにアップロードする: システムから直接ファイルをアップロードするのに、Red Hat サポートツール (redhat-support-tool) を使用することもできます。このツールでは、たとえばスクリプトを使用することもできます。通常のサイズのファイル (sosreport など) をアップロードするには、以下のコマンドを使用するのが一番簡単です。

    $ redhat-support-tool addattachment -c CASE_NUMBER /path/to/sosreport
    
  • Dropbox FTP にアップロードする:

    • Dropbox FTP を使用すれば、カスタマーポータルに直接ファイルをアップロードすることができます。FTP サイトにアップロードする場合は、"-f" オプションを使用してください。

      $ redhat-support-tool addattachment -c CASE_NUMBER -f /path/to/sosreport
      
    • ファイルを分割して FTP にアップロードする: vmcore ファイルが大きすぎて Dropbox FTP サイトにアクセスできない場合は、新しいバージョンのサポートツールの "-s" オプションでファイルを分割して、カスタマーポータルにアップロードすることができます。

      $ redhat-support-tool addattachment -c CASE_NUMBER -s /path/to/vmcore
      
    • この機能は、複数のプラットフォームの GUI FTP クライアント (http://filezilla-project.org/ から取得) を使用してテストされています。

セキュア FTP

1GB 以上のファイルをアップロードするには、以下のようにします。

  • 上記手順に加え、dropbox.redhat.com は FTP-ES (Explicitモード) プロトコルを使用した暗号化したデータ接続をサポートするようになりました。
  • また、dropbox-ssl.redhat.com は Secure FTP (FTP over SSL, explicit) からアクセスできます、FTP ソフトウェア設定に外部の IP がハードコードされています。この設定は、RFC に厳密に準拠する FTP クライアントおよびプロキシーが要求します。
  • dropbox.redhat.com の ftps サービスの証明書は、"C=US,O=DigiCert Inc,OU=www.digicert.com,CN=DigiCert High Assurance EV Root CA" によって認証されています。

  • たとえば、"testfile" は、以下のように "lftp" コンソール FTP クライアントを使用した FTP-ES でアップロードすることができます。

    # lftp -v -c 'open -e "set ftps:initial-prot ""; \
    set ftp:ssl-force true; \
    set ftp:ssl-protect-data true; \
    set ssl:verify-certificate true; \
    open anonymous:ftp@dropbox.redhat.com ; \
    cd incoming ; \
    put testfile'
    
    • 注意: Secure FTP が有効なプロキシサーバーを使用している場合、プロキシパラメーターを使用して上述のコマンドに set ftp:proxy http://HOST:PORT 行を追加する必要があるかもしれません。

      # lftp -v -c 'open -e "set ftps:initial-prot ""; \
      set ftp:ssl-force true; \
      set ftp:ssl-protect-data true; \
      set ssl:verify-certificate true; \
      set ftp:proxy http://HOST:PORT ; \
      open anonymous:ftp@dropbox.redhat.com ; \
      cd incoming ; \
      put testfile'
      

FTP

1GB 以上のファイルをアップロードするには、以下のようにします。

  • Red Hat は、カスタマーポータルにアップデートできないファイルをアップロードするための、オフィシャルな公開 FTP サーバをご用意しております。

  • サポートに必要なファイルは ftp:dropbox.redhat.com/incoming/ にアップロードしてください。ログインの際には、ユーザ名を "anonymous" とし、パスワードにはお客様のメールアドレスを入力してください。

  • 重要ではないページが含まれているため、アップロードする vmcore ファイルが大きすぎる場合 (つまり kdump が makedumpfile -d 31 を使用していなかった場合) は、以下のコマンドを使用してページを削除して、解析に必要な出力ファイルをアップロードします。

    # makedumpfile -c -d 31 <vmcore> <output file>
    
  • ファイルをアップロードする前に、gzip または zip を使用してファイルを圧縮し、作成されたアーカイブファイルに固有なファイル名を付けてください。推奨される名前接頭辞は、ケース番号に続けて日付または時刻、あるいは他の固有な ID 情報を付けることです。たとえば、以下のようになります。

    $ tar czfS /tmp/001234-$(date +%s)-vmcore.tar.gz myvmcore
    $ tar czfS /tmp/001234-$(date +%s)-logs.tar.gz mylogdir/
    
  • ファイルが大きすぎる場合は分割してアップロードすることができます。以下のアップロードするファイルを分割するを参照してください。

  • アップロードが成功したら、アップロードしたファイル名と、MD5 または SHA1 の値をサポート担当者にご連絡ください。

  • 注意:

    • この方法でファイルをアップロードした場合は、ファイルは保護されません。
    • この FTP サイトからファイルをダウンロードすることはできません。
    • /incoming ディレクトリ配下でファイルのリストを取得することも、新しいディレクトリを作成することもできません。
    • 既に存在しているファイルを上書きすることができないため、 固有なファイル名であることを確認してください。
    • 既存のファイルに書き込むことはできないため、アップロードを再開することができません。
    • ファイルの転送は binary モードで行ってください。
    • passive モードで接続してください。
    • ファイアウォールが passive モードを許可しない場合は、origin-dropbox.redhat.com FTP サイトへ active モードで接続してください。
  • 以下は利用ガイドとなります。

    • 最初に FTP 接続を開きます。

      $ ftp dropbox.redhat.com
      Connected to dropbox.redhat.com (XXX.XXX.XXX.XXX).
      220 (vsFTPd 2.0.1)
      Name (dropbox.redhat.com:user): anonymous
      331 Please specify the password.
      Password: user@domain
      230 Login successful.
      Remote system type is UNIX.
      Using binary mode to transfer files.
      ftp>
      
    • 認証情報
      サーバー: dropbox.redhat.com
      ユーザー: anonymous
      パスワード: user@domain

    • 転送モードがテキストの場合は、バイナリモードに変更します。ftp のプロンプトで "bin" とタイプしてください。

      ftp> bin
      200 Switching to Binary mode.
      ftp>
      
    • /incoming ディレクトリに移動します。

      ftp> cd incoming
      +---------------------------------------------------------------+
      |        Welcome to Red Hat Global Support Services FTP!        |
      |                                                               |
      |     Please note: the "ls" command is disabled by design.      |
      |     You will receive this error if you attempt to run "ls":   |
      |                                                               |
      |      ls: 550 Permission denied.                               |
      |                                                               |
      |  If you are uploading a file for Technical Support, you       |
      |  must include your support ticket number in the filename      |
      |  and inform your technician of the upload.Files with names   |
      |  that do not follow this convention, such as vmcore or        |
      |  vmcore.gz will be deleted.                                   |
      |                                                               |
      |  To upload a core successfully, please do the following:      |
      |                                                               |
      |  ftp> cd incoming                                             |
      |  ftp> put [casenumber]-[file]                                 |
      |                                                               |
      |     - Passive transfers are supported, if you require active  |
      |       transfers please connect to origin-dropbox.redhat.com   |
      |     - Upload resume is supported.                             |
      +---------------------------------------------------------------+
      250 Directory successfully changed.
      ftp>
      
    • /incoming 配下で "ls" コマンドが使用できないことと、新しいディレクトリィを作成できない旨が通知されます。これは意図的な通知となります。

    • passive モードのみをサポートしておりますので、転送開始の前に passive モードを "on" に変更してください。モードを変更後、"put" でファイルのアップロードを開始してください。多くの場合、passive モードは "on" になっています。たとえば、Linux で ftp コマンドを使用している場合は、"passive" を実行して Passive モードを "on" に切り替えます。

      ftp> passive
      Passive mode off.
      ftp> passive
      Passive mode on.
      ftp>
      
    • Windows の ftp コマンドをご利用の場合は、 "literal pasv" を実行して passive モードに変更してください。

      ftp> literal pasv
      227 Entering Passive Mode (XXX,XXX,XXX,XXX,XXX,XX)
      ftp>
      
    • ファイルをアップロードします。

       ftp> put [filename]
      
    • アップロードが終了したら、"bye" と入力して ftp コマンドを終了します。

      ftp> bye
      221 Goodbye.
      
  • 以下を実行して、アップロードしたファイルの MD5 値を確認してください。

     $ md5sum [filename]
    
    • もしくは、 以下を実行して、アップロードしたファイルの SHA1 値を確認してください。

       $ sha1sum [filename]
      

プロキシサーバーで curl を使用する方法

  • 別の方法として、ローカルプロキシで簡単なコマンドを使用することで、サーバーからファイルを直接アップロードすることもできます。

    # curl -T vmcore-case-no-99999999 -x http://yourproxy.example.com:8080 ftp://dropbox.redhat.com/incoming/
      % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                     Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
     99  607M    0     0   99  606M      0  1122k  0:09:13  0:09:13 --:--:-- 1214k226 File receive OK.
    100  607M    0    22  100  607M      0  1121k  0:09:14  0:09:14 --:--:-- 1042k
    
  • 注意:

    • この方法でファイルをアップロードした場合は、ファイルは保護されません。
    • この FTP サイトからファイルをダウンロードすることはできません。
    • /incoming ディレクトリ配下でファイルのリストを取得することも、新しいディレクトリを作成することもできません。
    • 既に存在しているファイルを上書きすることができないため、固有なファイル名であることを確認してください。
    • 既存のファイルに書き込むことはできないため、アップロードを再開することができません。
    • ファイルの転送は binary モードで行ってください。

補足


  1. FTP にアクセスできない場合は、vmcore ファイルを分割してサポートケースに添付してください。 

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.