Translated message

A translation of this page exists in English.

Microsoft Azure に関するよくある質問 (FAQ) と推奨事項

更新 -

Table of Contents

よくある質問 (FAQ)

既存の Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを Microsoft Azure に使用できますか?

お客様は、Red Hat Cloud Access プログラムに登録することで、既存および未使用の Red Hat Enterprise Linux (RHEL) サブスクリプションを Microsoft Azure で使用できます。Red Hat サブスクリプションは、オンプレミスのデータセンターまたは Microsoft Azure のいずれかにデプロイできる柔軟性を提供します。購入した RHEL バリアントに応じて、RHEL サブスクリプションごとに Microsoft Azure で最大 2 つの仮想マシン (VM) をプロビジョニングできます。詳細は、「Getting started with Red Hat Cloud Access」 を参照してください。

Red Hat Cloud Access とオンデマンドの違いは何ですか?

Red Hat Cloud Access は、Red Hat のお客様向けに Red Hat が提供するプログラムを指します。Red Hat Cloud Access プログラムにより、お客様は、認定されたパブリッククラウド環境で特定の製品に対して、既存および未使用の Red Hat サブスクリプションを使用できます。Cloud Access を使用すると、お客様は独自の Red Hat 仮想イメージをクラウド環境にインポートして、クラウドインスタンスのプロビジョニングに使用できます。Cloud Access を使用することで、Red Hat のお客様は引き続き Red Hat から直接サポートを受けられ、追加のサブスクリプション料金を支払う必要はありません。

オンデマンド とは、お客様が事前設定済みの RHEL 製品 (たとえば、Microsoft Azure 上の Red Hat Enterprise Linux 7) に対して料金を支払う、クラウドサービス会社によって提供されるプログラムを指します。購入した RHEL 製品は、クラウドプロバイダーのプラットフォーム内に直接インストールされ、プロビジョニングされます。

RHEL をクラウドにデプロイするこれら 2 つの方法の詳細は、「Red Hat Cloud Access サブスクリプションと Red Hat Enterprise Linux On-Demand サブスクリプションの相違点」 を参照してください。

Microsoft Azure サブスクリプション ID を取得するにはどうすればよいですか?

Red Hat Cloud Access プログラムの登録プロセスを完了するには、アクティブな Microsoft Azure サブスクリプション ID を提供する必要があります。既存の Microsoft Azure サブスクリプション ID を取得するには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft Azure ポータル にログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインから Subscriptions を選択します。
  3. 使用するアクティブなサブスクリプション ID をコピーします。

Red Hat と Microsoft Azure の使用を開始するにはどうすればよいですか?

Microsoft Azure パートナーページGet Started タブでは、Red Hat Cloud Access プログラムに登録する方法、未使用のサブスクリプションを移行する方法、および Microsoft Azure で Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンを作成してプロビジョニングする方法について説明しています。

どの RHEL バージョンがサポートされていますか?

サポートされている RHEL オペレーティングシステム、仮想マシンの最低限の容量の要件、およびサポートされているその他の Red Hat 製品に関する情報については、「Microsoft Azure の製品/設定マトリックス」 を参照してください。

RHEL のインプレースアップグレードを行うことはできますか?

たとえば、RHEL 6.9 から RHEL 6.10 へ、または RHEL 7.3 から RHEL 7.4 へのマイナーリリースでは、インプレースアップグレードが可能です。このタイプのアップグレードは、yum update コマンドを実行して実行できます。Microsoft Azure は、たとえば RHEL 6 から RHEL 7 へのメジャーリリースのインプレースアップグレードをサポートしていません。

Microsoft Azure での使用が認定されている Red Hat 製品はどれですか?

Microsoft Azure での動作が認定されている Red Hat ソフトウェア製品は、Certified Cloud Provider/Microsoft Azure を参照してください。

Red Hat 製品はすべての Microsoft Azure リージョンで利用できますか?

Microsoft Azure での Red Hat 製品の可用性については、「Microsoft Azure の製品/設定マトリックス」 を参照してください。

Red Hat は Microsoft Azure で Red Hat 製品の評価版を提供していますか?

既存の Red Hat サブスクリプションは、Red Hat Cloud Access プログラムを通じてオンプレミスまたは Microsoft Azure で製品を評価するために使用できます。既存のサブスクリプションがない場合は、オンプレミス製品の評価を得るための同じルールに従い、それらのサブスクリプションを Microsoft Azure で Red Hat Cloud Access に登録します。Microsoft は、Microsoft Azure サービス (IaaS またはその他のサービス) へのアクセスを決定し、付与する責任を負います。追加情報については、「Red Hat product trials frequently asked questions」 を参照してください。

RHEL は Microsoft Azure で高可用性 (HA) をサポートしていますか?

はい。RHEL は、Microsoft Azure の HA クラスターをサポートします。「Installing and Configuring a Red Hat Enterprise Linux 7.4 (and later) High-Availability Cluster on Microsoft Azure」 を参照してください。HA クラスターに対する Red Hat のサポートポリシーについては、「RHEL High Availability クラスターのサポートポリシー - Microsoft Azure 仮想マシンをクラスターメンバーとして使用する」 を参照してください。

この問題について Red Hat または Microsoft へのケースを作成する必要がありますか?

Red Hat と Microsoft は統合されたサポート関係を結んでおり、Red Hat のオンサイトサポート担当者は Microsoft と同じ場所に配置されています。Red Hat と Microsoft のどちらにケースを作成する場合でも、テクニカルサポートの問題を解決するために協力するためのチャネルが定義されています。この統合サポートアプローチの詳細は、「Microsoft Azure の問題について Red Hat サポートを受けるには」 を参照してください。

Microsoft Azure サービスのステータスを確認するにはどうすればよいですか?

Microsoft は、Azure status サイト で Azure サーバー、停止、およびその他のイベントのステータスを表示します。

Microsoft Azure で実行される Red Hat 製品に関する問い合わせ先はどちらですか?

パフォーマンスに関する問題または製品自体に関連するその他の問題については、Red Hat サポート にお問い合わせください。

Microsoft Azure プレミアムストレージとは何ですか?

Microsoft Azure プレミアムストレージディスクは、高性能のソリッドステートドライブ (SSD) です。プレミアムストレージは、I/O 集中型アプリケーションおよび RAID 0 ディスク設定に使用されます。一般的なデータストレージとアーカイブには、ハードディスクドライブ (HDD) を使用する必要があります (標準ストレージ)。プレミアムストレージディスクは、RHEL 6.7 以降および RHEL 7.2 以降でサポートされています。

注記: プレミアムストレージを使用して別のスワップディスクを割り当てないでください。Microsoft Azure 仮想マシンをホストするローカルブレードサーバーにある一時的なリソースディスクは、スワップファイル操作を処理します。

一部の仮想マシンサイズでは一時リソースディスクが提供されないことに注意してください。「Azure VM sizes with no local temporary disk」 を参照してください。

Microsoft Azure ストレージの詳細は、Microsoft Azure Premium Storage を参照してください。

Azure で仮想マシンをプロビジョニングするために cloud-init はサポートされていますか?

はい。RHEL 7.6 以降のバージョンでは、Azure で仮想マシンをプロビジョニングするために cloud-init バージョン 18.2 (またはそれ以降) がサポートされています。

Linux Integration Services (LIS) とは何ですか? Microsoft Azure で LIS が必要な理由は何ですか?

Microsoft Azure は、Microsoft Azure で実行されている仮想マシンに Hyper-V を使用します。ネイティブの Linux 仮想マシンは Hyper-V の下で実行できますが、LIS によって提供されるドライバーとサービスのコレクションにより、Linux 仮想マシンをより効果的に実行し、Microsoft Azure の Hyper-V によって提供される管理インフラストラクチャーを活用できます。

Microsoft Azure の RHEL 仮想マシンディスクに論理ボリューム管理 (LVM) を使用できますか?

はい。LVM は、Microsoft Azure のオペレーティングシステムディスクとデータディスクでサポートされています。

一時リソースディスクとは何ですか?

一時リソースディスクは、Microsoft Azure VM をホストするローカルブレードサーバーに配置され、仮想マシンのプロビジョニング中にマウントされます。リソースディスクは、より高い 1 秒あたりの入出力操作 (IOPS) を維持します。リソースディスクの主な目的は、スワップファイル操作を処理することです。ディスクのサイズは、仮想マシンのサイズによって異なります。つまり、仮想マシンが大きいほど、一時リソースディスクも大きくなります。

注記: リソースディスクは物理サーバー上にあるため、別のプレミアムストレージスワップディスクを割り当てないでください。ローカルサーバーでのスワップ操作は、プレミアムストレージディスクでのスワップ操作よりもはるかに高速です。プレミアムストレージディスクを使用する場合は、追加のコストも関連付けられます。

重要: 一時リソースディスクには、保持する必要があるものは何も格納しないでください。仮想マシンをあるホストマシンから新しいホストマシンに移行すると、新しい一時リソースディスクが新しいホストに作成され、古い一時リソースディスクにアクセスできなくなります。

以下に示すように、一時リソースディスクは /mnt にマウントされ、通常は /dev/sdb1 ファイルシステムにあります。

[clouduser@localhost ~]$ sudo df -h
Filesystem                 Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs                   1.6G     0  1.6G   0% /dev
tmpfs                      1.6G     0  1.6G   0% /dev/shm
tmpfs                      1.6G  8.6M  1.6G   1% /run
tmpfs                      1.6G     0  1.6G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mapper/rootvg-rootlv  2.0G   70M  2.0G   4% /
/dev/mapper/rootvg-usrlv    10G  1.5G  8.6G  15% /usr
/dev/sda1                  496M  157M  339M  32% /boot
/dev/mapper/rootvg-tmplv   2.0G   47M  2.0G   3% /tmp
/dev/mapper/rootvg-homelv 1014M   40M  975M   4% /home
/dev/mapper/rootvg-varlv   8.0G  292M  7.8G   4% /var
/dev/sda15                 495M  6.9M  488M   2% /boot/efi
/dev/sdb1                  6.9G   32M  6.5G   1% /mnt
tmpfs                      327M     0  327M   0% /run/user/1001

一時リソースディスクは、cloud-init によって設定されます。また、デフォルトで有効になっているスワップ領域はありません。スワップスペースを有効にする場合は、Microsoft Azure Linux ゲストエージェント設定ファイル (/etc/waagent.conf) を設定してください。設定の詳細を以下に示します。

# Format if unformatted. If 'n', resource disk will not be mounted.
ResourceDisk.Format=y

# File system on the resource disk
# Typically ext3 or ext4. FreeBSD images should use 'ufs2' here.
ResourceDisk.Filesystem=ext4

# Create and use swapfile on resource disk.
ResourceDisk.EnableSwap=y

# Size of the swapfile.
ResourceDisk.SwapSizeMB=5120

次に、waagent サービスを再起動します。必要なスワップ領域が設定されます。

# systemctl restart waagent.service

注記: /etc/waagent.conf の ResourceDisk.MountPoint オプションは、cloud-init によって回復されます。スワップファイルは引き続き/mnt にあります。

Microsoft Azure VM データディスクを割り当てる、および割り当てを解除するにはどうすればよいですか?

新しいデータディスクを割り当てる

次のコマンドを入力して、新しいデータディスクを割り当てます。この例には、割り当てられた新しいデータディスクを作成するために必要な最低限のオプションが含まれています。追加のコマンドオプションについては、「Azure Command-Line Interface (CLI)」 のドキュメントを参照してください。

$ az vm disk attach -g <resource-group> --vm-name <virtual-machine-name> --disk <disk-name> --size-gb <size-in-GB> --new

例:

[clouduser@localhost]$ az vm disk attach -g azrsgroup74 --vm-name azrhel74vm --disk azhrel74datadisk --size-gb 100 --new
/Starting...
/Running...
[clouduser@localhost]$


ディスクが割り当てられたら、SSH セッションを開き、仮想マシンにログインします。ログインしたら、パーティションを作成し、ファイルシステムをマウントして、ディスクへの参照を /etc/fstab ファイルに追加します。追加の手順については、Add a disk to a Linux VM を参照してください。

データディスクの割り当てを解除する

次のコマンドを入力して、データディスクの割り当てを解除します。追加のコマンドオプションについては、「Azure Command-Line Interface (CLI)」 のドキュメントを参照してください。

az vm disk detach --name <data-disk-name> -g <resource-group> --vm-name <virtual-machine-name>
[clouduser@localhost]$ az vm disk detach --name azhrel74datadisk -g azrsgroup74 --vm-name azrhel74vm
/Starting...
/Running...
[clouduser@localhost]$

ディスクはストレージに残りますが、仮想マシンには割り当てられなくなります。再割り当てするか、別の仮想マシンに割り当てできます。詳細は、「Attach an existing disk」 を参照してください。

Microsoft Azure 仮想マシンのログを取得するにはどうすればよいですか?

Microsoft Azure エージェントログは、仮想マシンのパス /var/log/waagent.log に保存されます。ログのローテーション設定は /etc/logrotate.d/waagent で設定されていることに注意してください。コマンドとオプション waagent -serialconsole は、シリアルポートへのカーネルログ出力を有効にし、GRUB でシリアルポート ttyS0 を設定します。ログ設定は、以下に示すセクションの /etc/waagent.conf で設定されます。

Logs.File=/var/waagent.log
Logs.Console=y
Logs.Verbose=n

注記: 仮想マシンのブート診断は、Microsoft Azure ポータルから入手できます。詳細は、「Enable the Boot Diagnostics option」 を参照してください。

Fedora を使用して RHEL 仮想マシンをプロビジョニングできますか?

はい。Fedora システムから Microsoft Azure で使用する RHEL VM イメージを作成できます。「How to provision a Red Hat Enterprise Linux virtual machine for Microsoft Azure」 の手順をガイドとして使用してください。Fedora では、サポートパッケージを手動でインストールする必要があることに注意してください。追加の qemu-img コマンドオプションが必要であり、説明の中でそれが発生する場所に記載されています。

kpatch は Azure でサポートされていますか?

はい。x86_64 プラットフォームでは、RHEL 8.1 以降、RHEL 7.7 以降、RHEL 7.6 kernel-3.10.0-957.35.1.el7 以降でライブカーネルパッチを利用でき、Azure でサポートされています。 「Is live kernel patch (kpatch) supported in Red Hat Enterprise Linux ?」

Microsoft Azure RHEL 仮想マシンでソフトウェアを更新する

定期的に yum update を実行して、Microsoft Azure RHEL 仮想マシン上のソフトウェアを最新の状態に保ちます。仮想マシンソフトウェアを更新すると、重要な Microsoft Azure パッチ、ハイパーバイザードライバー、およびソフトウェアパッケージが最新の状態に保たれます。

ブート診断を有効にする

ブート診断は、起動しない仮想マシンのトラブルシューティングに使用する重要なツールです。コンソール出力と ブートログ は、Red Hat テクニカルサポートがブートの問題を解決する際に大いに役立ちます。次の 2 つの方法では、Microsoft Azure ポータルでブート診断を有効にする方法について説明します。

Microsoft Azure Marketplace (オンデマンド) RHEL 仮想マシンを作成する場合

On-Demand イメージを設定する場合、診断設定は既定で 有効 になり、診断ストレージアカウントが自動的に作成されます。診断を有効にすると、ブート診断も有効になります。

ブート診断を有効にする

既存の RHEL 仮想マシンがすでに稼働している場合

既存の仮想マシンの場合、仮想マシンのプロパティーを開き、Diagnostics settings を選択し、Status を On に設定し、Boot diagnostics をチェックします。仮想マシンと同じ場所にある診断ストレージアカウントを選択しなければならない場合があることに注意してください。

Enable Boot Diagnostics for an Existing VM

詳細は、Microsoft Azure の 「Boot Diagnostics for Virtual Machines v2」 を参照してください。

ブートログをダウンロードする

ブート診断 を有効にすると、仮想マシンのコンソール出力を表示し、ブートログをダウンロードして Red Hat テクニカルサポートに送信できます。

Download the Boot Log

/etc/fstab で nofail オプションを使用する

仮想マシンに割り当てられた単一のディスクを作成するとき、および RAID 0 用に設定された仮想マシンデータディスクに対して、nofail オプションを有効にします。これにより、ディスクが見つからない場合や RAID 0 ディスク設定が破損した場合でも、仮想マシンオペレーティングシステムディスクが正常に起動します。これにより、仮想マシンがメンテナーンスモードでブートするのを防ぎます。現在、Microsoft Azure ではコンソールアクセスがサポートされていないため、メンテナーンスモードで起動すると、実質的に仮想マシンにアクセスできなくなります。

/etc/fstab ファイルを編集し、nofail オプションを追加します。

RAID 0 ファイルシステムデータディスクの場合

UUID="<disk_UUID>"   /raidfs       ext4   defaults,nofail   0   0

割り当てられた単一のデータディスクの場合

UUID="<disk_UUID>"   /singledisk   ext4   defaults,nofail   0   0

I/O 集中型アプリケーションには RAID 0 を使用

I/O を集中的に使用するアプリケーション (ビデオ編集、医療イメージ処理、気象シミュレーションなど) の場合は、複数のディスクにストライプ化された RAID 0 を使用します。RAID 0 は、パフォーマンスとスループットを向上させます。Configure Software RAID on Linux の手順を使用して、Linux 仮想マシンの RAID 0 を設定します。

/etc/fstab ファイルで UUID を使用する

fstab (ファイルシステムテーブル) ファイルには、システムがデバイスをファイルシステム内のマウントポイントにマップできるようにする情報が含まれています。このファイルは、mount コマンドによって読み取られます。/etc/fstab エントリーの構文を以下に示します。

<device-name or UUID> <mount point> <file system type> <options> <pass>

デバイス名は Microsoft Azure では維持されません。システムの再設定、シャットダウン、および再起動中に、Microsoft Azure のデバイス名が変更されます。デバイス UUID は永続的であり、常に fstab ファイルで使用する必要があります。blkid とマウントポイントを使用して、デバイスの UUID とファイルシステムタイプを取得します。

# blkid /dev/sdb1

/dev/sdb1: UUID="<disk_UUID>" TYPE="ext4"

参考資料