Translated message

A translation of this page exists in English.

RHEL High Availability クラスターのサポートポリシー - Microsoft Azure 仮想マシンをクラスターメンバーとして使用する

更新 -

目次

概要

該当する環境

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) と High Availability アドオン
  • Microsoft Azure を使用して、High Availability クラスターメンバーとして機能するインスタンスを提供する

役に立つリファレンスおよびガイド

はじめに

このガイドでは、Microsoft Azure 仮想マシンを RHEL High Availability クラスターのメンバーとして使用する場合に適用される Red Hat のポリシー、要件、および制限について説明します。 RHEL High Availability ソフトウェアコンポーネントのユーザーは、適切なサポートサブスクリプションで Red Hat サポートから支援を受ける資格を得るために、承認されたプラットフォームにのみインストールすることにより、これらのポリシーを遵守する必要があります。

ポリシー

仮想化環境で RHEL High Availability をサポートするための一般的な条件を検討してください


High Availability メンバーとして Microsoft Azure 仮想マシンでサポートされているリリース: Red Hat は、以下の RHEL リリース以降の Microsoft Azure 仮想マシンで実行されている RHEL High Availability クラスターメンバーをサポートしています。

  • RHEL 8: Red Hat によるサポート
  • RHEL 7:
    • RHEL 7.6 以降: Red Hat がパッケージ pacemaker-1.1.19-8.el7corosync-2.4.3-4.el7fence-agents-4.2.1-11.el7_6.8 以降でサポートされています。
    • RHEL 7.5 以降: Red Hat がパッケージ pacemaker-1.1.18-11.el7corosync-2.4.3-2.el7fence-agents-4.0.11-86.el7_5.8 以降でサポートされています。
    • RHEL 7.4: Red Hat で、パッケージ pacemaker-1.1.16-12.el7_4.8corosync-2.4.0-9.el7_4.2fence-agents-4.0.11-66.el7_4.12 以降でサポートされています。

サポートされているトランスポートプロトコル: Microsoft Azure プラットフォームで実行されるメンバーを持つ RHEL 7 High Availability クラスターは、RHEL 7 クラスターのデフォルトである udpu トランスポートプロトコルのみを使用できます。 Azure VNET はマルチキャストトラフィックをサポートしていないため、udp トランスポートプロトコルを使用できません。

Red Hat は、プラットフォームに関係なく、RHEL 8 で knet トランスポートプロトコルのみをサポートします。

詳細は、以下を参照してください。


RHEL High Availability クラスターメンバーとしての Azure Government 仮想マシンのサポートなし: Red Hat は、Azure Government プラットフォームで実行されている仮想マシンであるメンバーで設定される RHEL High Availability デプロイメントをサポートしていません。


RHEL High Availability クラスターメンバーとしての Azure Stack Hub 仮想マシンのサポートなし: Red Hat は、Azure Stack Hub オンプレミスクラウドプラットフォームで実行されている仮想マシンであるメンバーで設定される RHEL High Availability デプロイメントをサポートしていません。