Red Hat Cloud Access サブスクリプションと Red Hat Enterprise Linux On-Demand サブスクリプションの相違点

更新 -

Red Hat Cloud Access は、Red Hat、もしくはサポートまたは認定されているクラウドプロバイダーから購入されたサブスクリプションが、互いに委譲されるプログラムです。詳細は Red Hat Cloud Access and Migrating your Subscriptions between Clouds を参照してください。これにより、いかなる種類のサブスクリプション (物理マシンのサブスクリプションも含む) を、環境間で移植できるようになります。

Red Hat Enterprise Linux On-Demand サブスクリプションは、クラウドプロバイダーが提供するクラウドで使用するものとして、クラウドプロバイダーからご購入いただけます。On-Demand サブスクリプションをお持ちのお客様は、Red Hat Subscription Management にシステムを登録しないでください。コンテンツのアップデートは、Red Hat Content Delivery Network に接続する Red Hat Update Infrastructure より提供されます。Red Hat Subscription Management に登録した場合は、請求が二重で行われます。On-Demand イメージでは、仮想マシンの総額は、「Linux VM Compute の価格」+「Red Hat Enterprise Linux の価格」です。さらには、Red Hat Enterprise Linux On-Demand イメージを使用するための追加料金がかかります。この追加料金は Red Hat Cloud Access 仮想マシンには適用されません。Red Hat サブスクリプションは、検証期間が比較的長く、通常は 2 年になります (が、契約によっては異なります)。逆に On-Demand サブスクリプションは短くなり、1 年だったり 1 時間だったりする場合もあります。これにより、クラウドを増減し、現在の使用量に従って動的にサブスクリプションを要求および使用することができます。

On-Demand サブスクリプションと、Red Hat Cloud Access サブスクリプションは、 Red Hat 製品のインストール、アップグレード、エラータ、およびサポートを提供します。どこでそのサブスクリプションを購入しようとも、そのサブスクリプションで定義されている製品サポートの対象範囲に従ってサポートをご利用になれます。

この 2 つのサブスクリプションの主な相違点は、どこでこのサブスクリプションを購入したかということです。これにより、そのサブスクリプションの使用方法が異なります。

  • On-Demand イメージは、Microsoft などのクラウドプロバイダーから購入します。そして、クラウド環境と、クラウドインスタンスでのみ使用されます。On-Demand イメージは Microsoft 社からアップデートします。Microsoft 社 は Red Hat からアップデートを取得して、Red Hat Update Infrastructure でお客様が利用できるようにします。
  • Red Hat Cloud Access サブスクリプションは Red Hat から購入されます。これは物理またはクラウドのインスタンスで、必要に応じて環境を乗り換えることができます。Red Hat Cloud Access をお使いの場合は Red Hat Update Infrastructure にはアクセスせず、Red Hat をサブスクライブしてアップデートを取得する必要があります。

Table of Contents

No