Red Hat Subscription Management の概要

Red Hat Subscription Management は、エンドユーザーが Red Hat サブスクリプションの価値を十分に活用できるように提供されたサブスクリプション管理の主要サービスです。Red Hat Subscription Management は、サブスクリプションのステータスおよび管理のためにホストされたオンプレミスなツールと、Red Hat のシステム管理ツールとのインタグレーションを提供しています。Red Hat Subscription Management は Red Hat Network Classic の代わりに提供されているサービスです。Red Hat Subscription Management は、Red Hat サブスクリプションのステータス、インベントリ、組織、およびレポート機能を持つエンドツーエンドソリューションです。Red Hat カスタマーポータルからアクセスできるホストの web インターフェイス、オンプレミスアプリケーション、システムレベルエージェント、および地理的に分散したコンテンツ配信を提供します。その他のシステム管理機能と、Red Hat Network Classic へのアクセスは、Red Hat Satellite インテグレーションで利用できます。

Red Hat Subscription Management (RHSM) について

RHSM は、Red Hat が提供する主なサブスクリプション管理サービスです。このサービスを使用すると、Red Hat サブスクリプションの価値を十分に活用できるようになり、サブスクリプションのステータスおよび管理のためにホストされたオンプレミスなツールが提供され、Red Hat のシステム管理ツールと統合されます。

Red Hat Subscription Management は Red Hat Network Classic の代わりに提供されているサービスです。RHSM は、Red Hat サブスクリプションのステータス、インベントリ、組織、およびレポート機能を持つエンドツーエンドソリューションで、Red Hat カスタマーポータル、オンプレミスアプリケーション、システムレベルエージェント、そして地理的に分散したコンテンツ配信からアクセスするホスト化 web インターフェイスを経由します。その他のシステム管理機能と、Red Hat Network Classic へのアクセスは、Red Hat Satellite インテグレーションで利用できます。

Red Hat サブスクリプションの価値は以前と比べて高くなっていますが、Red Hat Subscription Management を使用すると、そのサービスをより簡単に、そしてより効果的に活用できるようになります。サブスクリプションの使用履歴 (特定のシステムへの特定のサブスクリプション)追跡機能の改善、コンテンツの使用方法の改善、そして物理上、仮想上、またはクラウド上でのサブスクリプション使用利便性の向上を享受できます。

特に、Red Hat Subscription Management は、組織が以下の 4 ゴール達成できるように支援します。

  • サブスクリプションの適用方法を改善することで利便性を向上

    • Red Hat Subscription Management は、利用可能なサブスクリプションの 2 段階のインベントリを保持し、明確にそのインベントリ間を連携して Red Hat システムを登録します。
    • この、システムとサブスクリプションのマッピングにより、インベントリにサブスクリプションと、各システムが現在使用しているサブスクリプションを表示し、IT 管理者がシステムに適切なサブスクリプションを適用しやすくなります。
  • コスト削減と、効率化の実現

    • システム数よりも利用サブスクリプション数が少ないとコンプライアンスの監査および問題の危険度が増し、システム数よりも未使用のサブスクリプションが多いと IT 予算に大きな影響を与えます。
    • Red Hat Subscription Management を使用すると、サブスクリプションをより効果的に使用でき、コストも下げられます。
  • 規制コンプライアンスの保持

    • Red Hat Subscription Management は、規制ポリシーと要件に従って、システムとソフトウェアインベントリの両方を管理者が管理するのを支援し、サブスクリプションの割り当てと契約の有効期限を監視します。
  • IT 監査の準備の簡略化

    • IT 管理者は、組織中央での正確な現在のサブスクリプションとシステムのインベントリを使用するため、インフラストラクチャーの監視と報告を改善できます。

Red Hat Subscription Management の可用性

サブスクリプション管理は主に Red Hat Enterprise Linux で利用されていますが、すべての Red Hat 製品が Red Hat Subscription Management と統合されることが期待されます。Red Hat Subscription Services は Red Hat Enterprise Linux 5 (5.7 以降) および 6 (6.1 以降) を使用しているシステムで利用できます。Red Hat は、Red Hat Subscription Management から Red Hat Linux ディストリビューションの利点をビルドオン、アドオン、またはレイヤーオンします。

Red Hat サブスクリプション管理の設計

オープンソースソフトウェアに対する Red Hat の義務により、Red Hat Subscription Management は、お客様がソフトウェアまたはシステムのインベントリと、サブスクリプションの利用をモニターできるようにするツールを提供することに取り組んできました。 ライセンスサービスとは異なり、Red Hat Subscription Management は Red Hat 製品の使用を強制または制限しません。Red Hat Subscription Management は、製品に対して安全な証明書を使用し、登録されているシステム、サブスクリプション、製品を一意に管理できます。

Red Hat 製品のインストール時に、製品の証明書がシステムにインストールされます。そのシステムを Red Hat Subscription Management に登録すると、システム証明書がシステムに保存されます。そして最後に、Red Hat Subscription Management から製品をシステムに紐付けると、エンタイトルメント証明書がシステムに保存されます。Red Hat Subscription Management では、登録したシステム、アカウントのサブスクリプション、そして、これらのサブスクリプションの使用場所は Red Hat Subscription Management で確認できます。さらに、Red Hat Subscription Management は、ソケットの数や、オペレーティングシステムのアーキテクチャーなどのシステム属性を調査し、登録したサブスクリプションが適切なサブスクリプションかどうかを評価し、適切なコンテンツが配信されているかをより確実にします。Red Hat Subscription Management の使用方法については、“Red Hat Subscription Services Guide” を参照してください。

Red Hat Subscription Management コンポーネント

Red Hat カスタマーポータルの Subscription Management
Red Hat Subscription-Manager
Red Hat Subscription Asset Manager

Red Hat Subscription Management を使用すると、カスタマーポータル上から複数のシステムを管理することができます。また、Subscription Asset Manager のオンプレミスインターフェイスを経由しても複数のシステムを管理できます。また、Red Hat Subscription Management は 高度なシステムとコンテンツ管理システムの Red Hat Satellite を統合します(詳細については Red Hat Satellite を参照)。

カスタマーポータル

デフォルトでは、ご利用者は受賞歴のある Red Hat カスタマーポータルで Red Hat サブスクリプションを管理します。Red Hat がホストする便利な web インターフェイスから、製品説明、サブスクリプションの有効期限、そしてシステムの属性を表示でき、購入したすべてのサブスクリプションのインベントリと、登録した Red Hat システムを管理できます。ソフトウェアのコンテンツは、 パフォーマンスと信頼性が向上した、高パフォーマンス、地域分散型、そして安全なコンテンツ配信ネットワーク (CDN) から配信されます。ホストされた登録を使用して、インベントリ内のシステムはすべて 1 つのグループに含まれます。

Subscription-Manager

Red Hat Subscription-Manager は、GUI とコマンドラインインターフェイスの両方を提供するオンプレミスなシステムエージェントで、ローカルシステムと、割り当てたサブスクリプションを管理します。Subscription-Manager は、現在の RHEL 5 および RHEL 6 に含まれます。Subscription-Manager は、Red Hat カスタマーポータルまたは Subscription Asset Manager がホストするコンテンツとサブスクリプションサービスにお客様のシステムを接続します。

Alt text

Subscription Asset Manager

Subscription Asset Manager は、お客様のインフラストラクチャ内で実行しているオンプレミスのサブスクリプション管理アプリケーションです。お客様のアカウントのエンタイトルメントは、カスタマーポータルからマニフェストを経由して Subscription Asset Manager にエクスポートされます。これにより、お客様は、サブスクリプション資産の制御を中央管理できます。Subscription Asset Manager は、組織と呼ばれる独立したグループを定義でき、システムとユーザーにアクセス権を付与できます。Subscription Asset Manager はエンタイトルメントをローカルで制御しますが、Red Hat コンテンツは、ゲートウェイとして動作する Subscription Asset Manager と連携した Red Hat のホスト化 Content Delivery Network (CDN) によって提供されています。

Alt text

お客様の利点

Red Hat のサブスクリプションサービスは、お客様の標準オペレーションフローに簡単に統合でき、包括的でエンドツーエンドのサブスクリプション管理ソリューションをともに作成する複数の管理プロセスに利用できます。「Red Hat サブスクリプション管理の価値」も併せて参照してください。

  • サブスクリプション管理では以下のことができます。

    • お客様が、サブスクリプションの購入または更新を自己管理するために、 24x7 web インターフェイスを提供する。
    • 必要に応じて、お客様がお客様企業を体系化しサブスクリプションをローカルで独立して管理できるように、ホストされたオンプレミスのソリューションを提供する。
    • サブスクリプションを物理、仮想、およびクラウド環境で有効にする。
  • エンタイトルメント管理では以下のことができます。

    • 特定のシステムにエンタイトルメントを登録、削除、再利用できるようにする
    • サブスクリプションの自動化された割り当てを提供する
    • 多数の仮想ゲストを持つお客様がホストの仮想化ごとにサブスクリプションを監視する
    • Red Hat またはサードパーティの仮想化ソリューションによって管理された環境で Red Hat 仮想ゲストを有効にする
    • コンテンツ配信管理を支援する
    • コンテンツ、アップデート、およびエラータの配信と通知を提供する
      -新規およびアップデートされたコンテンツへのアクセス遅延を軽減する
    • 事前定義したデプロイメントをサポートする
  • その他、以下の管理を支援します

    • サブスクリプションの使用状況を確認できる
    • 正確なインベントリおよび利用情報の表示を提供する
    • 製品のサブスクリプションおよびサポートレベル情報を含むアセットレポートを生成する
    • 監査準備および監査内容調整を統合する

表示

Red Hat Subscription Management は、トップレベルのサブスクリプションステータスのダッシュボード (以下参照) と、サブスクリプションおよびシステムインベントリのビュー、個々のサブスクリプションのステータスビュー、およびレポート機能を提供します。詳細については、 Red Hat 営業担当者にご連絡いただくか、このナレッジの最後に記載されているセクションを参照してください。

カスタマーポータルダッシュボード


Subscription-Manager ダッシュボード


Subscription Asset Manager ダッシュボード


リソース

  1. 参考資料
    1. Benefits of Red Hat Subscriptions
    2. Benefits of Red Hat Subscription Management
    3. Red Hat Subscription Management Guide

Was this helpful?

We appreciate your feedback. Leave a comment if you would like to provide more detail.
It looks like we have some work to do. Leave a comment to let us know how we could improve.