第3章 インストールと起動

3.1. インストーラー

Red Hat Enterprise Linux 7.1 のインストールプロセスを改善するため Red Hat Enterprise Linux インストーラー Anaconda の機能が強化されています。

インターフェース

  • グラフィカルなインストーラーインターフェースに Kdump カーネルクラッシュダンプ機能メカニズムの設定を行う画面が追加されます。今まではインストール終了後の firstboot ユーティリティで設定することになり、グラフィカルインターフェースがない場合はアクセスできませんでした。今後はグラフィカル環境以外でもシステムへのインストールプロセスの一部として Kdump を設定できるようになります。新しい画面はメインのインストーラーメニュー (インストール概要) からアクセスすることができます。
    新しい Kdump 画面

    図3.1 新しい Kdump 画面

  • 手作業でパーティションの設定を行う画面はより使いやすいようデザインが変更されています。一部コントロールの画面上の位置が移動しています。
    変更後の手動パーティション設定画面

    図3.2 変更後の手動パーティション設定画面

  • You can now configure a network bridge in the Network & Hostname screen of the installer. To do so, click the + button at the bottom of the interface list, select Bridge from the menu, and configure the bridge in the Editing bridge connection dialog window which appears afterwards. This dialog is provided by NetworkManager and is fully documented in the 『Red Hat Enterprise Linux 7.1 Networking Guide』.
    ブリッジ設定に関するキックスタートの新オプションがいくつか追加されています。以下に詳細を示します。
  • インストーラーではログの表示に複数のコンソールを使用しなくなります。すべてのログは仮想コンソール 1 (tty1) の tmux ペインに表示されるようになります。インストール中、ログにアクセスする場合は Ctrl+Alt+F1 を押して tmux に切り替えます。別のウィンドウへの切り替えは Ctrl+b X で行います (X には画面下部に表示されるウィンドウ番号を使用)。
    グラフィカルなインターフェースに戻る場合は Ctrl+Alt+F6 を押します。
  • Anaconda のコマンドラインインターフェースで詳細なヘルプが参照できるようになります。ヘルプを表示させるには anaconda パッケージがインストールされているシステムで anaconda -h を使用します。コマンドラインインターフェースを使用するとインストール済みシステムでインストーラーを実行させることができるようになるため、ディスクイメージのインストールの際に便利です。

キックスタートコマンドとオプション

  • The logvol command has a new option, --profile=. This option enables the user to specify the configuration profile name to use with thin logical volumes. If used, the name will also be included in the metadata for the logical volume.
    デフォルトで使用できるプロファイルは defaultthin-performance です。/etc/lvm/profile ディレクトリー内で定義します。詳細については lvm(8) の man ページを参照してください。
  • The behavior of the --size= and --percent= options of the logvol command has changed. Previously, the --percent= option was used together with --grow and --size= to specify how much a logical volume should expand after all statically-sized volumes have been created.
    Since Red Hat Enterprise Linux 7.1, --size= and --percent= can not be used on the same logvol command.
  • The --autoscreenshot option of the autostep Kickstart command has been fixed, and now correctly saves a screenshot of each screen into the /tmp/anaconda-screenshots directory upon exiting the screen. After the installation completes, these screenshots are moved into /root/anaconda-screenshots.
  • liveimg コマンドで tar ファイルおよびディスクイメージいずれからのインストールにも対応するようになります。tar アーカイブにはインストールメディアの root ファイルシステムを含ませ、ファイル名の末尾は .tar.tbz.tgz.txz.tar.bz2.tar.gz.tar.xz のいずれかにしておく必要があります。
  • Several new options have been added to the network command for configuring network bridges:
    • When the --bridgeslaves= option is used, the network bridge with device name specified using the --device= option will be created and devices defined in the --bridgeslaves= option will be added to the bridge. For example:
      network --device=bridge0 --bridgeslaves=em1
    • The --bridgeopts= option requires an optional comma-separated list of parameters for the bridged interface. Available values are stp, priority, forward-delay, hello-time, max-age, and ageing-time. For information about these parameters, see the nm-settings(5) man page.
  • autopart コマンドに新しいオプション --fstype が追加されています。キックスタートファイルで自動パーティション設定を使用する場合、このオプションを使うとデフォルトのファイルシステムタイプを変更することができるようになります (xfs)。
  • Several new features have been added to Kickstart for better container support. These features include:
    • The new --install option for the repo command saves the provided repository configuration on the installed system in the /etc/yum.repos.d/ directory. Without using this option, a repository configured in a Kickstart file will only be available during the installation process, not on the installed system.
    • The --disabled option for the bootloader command prevents the boot loader from being installed.
    • The new --nocore option for the %packages section of a Kickstart file prevents the system from installing the @core package group. This enables installing extremely minimal systems for use with containers.

    注記

    Please note that the described options are useful only when combined with containers. Using these options in a general-purpose installation could result in an unusable system.

Entropy Gathering for LUKS Encryption

  • If you choose to encrypt one or more partitions or logical volumes during the installation (either during an interactive installation or in a Kickstart file), Anaconda will attempt to gather 256 bits of entropy (random data) to ensure the encryption is secure. The installation will continue after 256 bits of entropy are gathered or after 10 minutes. The attempt to gather entropy happens at the beginning of the actual installation phase when encrypted partitions or volumes are being created. A dialog window will open in the graphical interface, showing progress and remaining time.
    The entropy gathering process can not be skipped or disabled. However, there are several ways to speed the process up:
    Gathering Entropy for Encryption

    図3.3 Gathering Entropy for Encryption

グラフィカルインストーラーにヘルプがビルトイン

インストーラーのグラフィカルインターフェースおよび 初期設定 ユーティリティー内の各画面の右上に ヘルプ ボタンが表示されるようになります。このボタンをクリックすると、Yelp ヘルプブラウザーを使って現在の画面に適切な インストールガイド のセクションが表示されます。
Anaconda built-in help

図3.4 Anaconda built-in help


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。