第8章 クラスタリング

Corosync の動的なトークンタイムアウト

Corosync Cluster Enginetoken_coefficient オプションが追加されています。token_coefficientの値の使用は nodelist セクションが指定され少なくとも 3 ノードが含まれている場合に限ります。このような状況の場合、トークンのタイムアウトは次のように計算されます。
[トークン + (ノード数 - 2)] * token_coefficient
新しいノードが追加される度に手作業でトークンのタイムアウトを変更しなくてもクラスターで測定できるようになります。デフォルト値は 650 ミリ秒ですが、0 秒に設定してこの機能を効率的に取り除くこともできます。
Corosync でノードの動的な追加や削除が処理できるようになります。

Corosync のタイブレーカーの強化

Corosyncauto_tie_breaker 定足数機能でタイブレーカーノードの設定や変更がより柔軟に行えるようオプションが提供されています。クラスターの同数割れが発生した場合に定足数を維持するノードの一覧を選択するか、定足数を維持するノードの ID が最小 の ID か最大 の ID かを選択することができるようになります。

Red Hat High Availability に関する強化

Red Hat Enterprise Linux 7.1 リリースの場合、Red Hat High Availability Add-On では次の機能に対応します。各機能の詳細については 『High Availability Add-On Reference』 を参照してください。
  • pcs resource cleanup コマンドで全リソースの failcount およびリソースの状態をリセットできるようになります。
  • pcs resource move コマンドの lifetime パラメーターを使って、このコマンドで作成されるリソースの制限の有効期間を指定することができます。
  • pcs acl コマンドを使って、クラスター設定への読み取り専用アクセスまたは読み取りおよび書き込みアクセスをアクセス制御一覧 (ACL) でローカルユーザーに許可することができます。
  • pcs constraint コマンドでは汎用リソースオプションに加え、特定の制約オプションの設定についても対応するようになります。
  • pcs resource create コマンドでは作成したリソースが自動的に起動しないよう disabled パラメーターに対応します。
  • pcs cluster quorum unblock コマンドでは定足数の確立時にクラスターがすべてのノードを待機しないようにします。
  • pcs resource create コマンドの beforeafter パラメーターを使ってリソースグループの順番を設定することができます。
  • pcs config コマンドの backuprestore オプションを使ってクラスターの設定を tarball にバックアップしたり、バックアップから全ノードに設定ファイルを復元したりすることができます。