第1章 アーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux 7.1 is available as a single kit on the following architectures: [1]
  • 64 ビット AMD
  • 64 ビット Intel
  • IBM POWER7+ and POWER8 (big endian)
  • IBM POWER8 (リトルエンディアン) [2]
  • IBM System z [3]
本リリースでは、サーバーおよびシステムに対する各種の改善の他、オープンソースより得られた技術をまとめて提供しています。

1.1. Red Hat Enterprise Linux for POWER, little endian

Red Hat Enterprise Linux 7.1 introduces little endian support on IBM Power Systems servers using IBM POWER8 processors. Previously in Red Hat Enterprise Linux 7, only the big endian variant was offered for IBM Power Systems. Support for little endian on POWER8-based servers aims to improve portability of applications between 64-bit Intel compatible systems (x86_64) and IBM Power Systems.
  • Separate installation media are offered for installing Red Hat Enterprise Linux on IBM Power Systems servers in little endian mode. These media are available from the Downloads section of the Red Hat Customer Portal.
  • Red Hat Enterprise Linux for POWER (リトルエンディアン) で対応しているのは IBM POWER8 プロセッサーベースのサーバーのみになります。
  • Currently, Red Hat Enterprise Linux for POWER, little endian is supported only as a KVM guest under Red Hat Enteprise Virtualization for Power. Installation on bare metal hardware is currently not supported.
  • GRUB2 ブートローダーはインストールメディアおよびネットワーク起動で使用されます。インストールガイド 内の GRUB2 を使った IBM Power Systems クライアント用ネットワーク起動サーバーの設定に関する記載を更新しています。
  • IBM Power Systems 向けのソフトウェアパッケージはすべて Red Hat Enterprise Linux for POWER のリトルエンディアンおよびビッグエンディアンのいずれにも使用できます。
  • Red Hat Enterprise Linux for POWER (リトルエンディアン) 向けにビルドされるパッケージのアーキテクチャーコードは ppc64le になります (gcc-4.8.3-9.ael7b.ppc64le.rpm など)。


[1] Note that the Red Hat Enterprise Linux 7.1 installation is supported only on 64-bit hardware. Red Hat Enterprise Linux 7.1 is able to run 32-bit operating systems, including previous versions of Red Hat Enterprise Linux, as virtual machines.
[2] Red Hat Enterprise Linux 7.1 (リトルエンディアン) は現在、Red Hat Enteprise Virtualization for Power および PowerVM ハイパーバイザー配下の KVM ゲストとしてしか対応していません。
[3] Red Hat Enterprise Linux 7.1 が対応するのは IBM zEnterprise 196 ハードウェアまたはそれ以降になります。IBM System z10 メインフレームのシステムには対応しなくなるため Red Hat Enterprise Linux 7.1 は起動しなくなります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。