第6章 カーネル

Ceph ブロックデバイスのサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.1 のカーネルに libceph.korbd.ko のモジュールが追加されています。この RBD カーネルモジュールにより Linux ホストが Ceph ブロックデバイスを通常のディスクデバイスエントリーとして認識するようになるため、ディレクトリーにマウントして XFSext4 などの標準ファイルシステムでフォーマット化することができるようになります。
Red Hat Enterprise Linux 7.1 では現在、CephFS モジュールの ceph.ko には対応していないため注意してください。

並列フラッシュ MCL 更新

IBM System z アーキテクチャーの Red Hat Enterprise Linux 7.1 ではマイクロコードレベルの更新 (MCL) が有効になります。更新はフラッシュストレージメディアに対する I/O 動作に影響を与えることなく適用でき、変更されたフラッシュハードウェアサービスレベルについてユーザーに通知を行います。

動的なカーネルのパッチ適用

Red Hat Enterprise Linux 7.1 introduces kpatch, a dynamic "kernel patching utility", as a Technology Preview. The kpatch utility allows users to manage a collection of binary kernel patches which can be used to dynamically patch the kernel without rebooting. Note that kpatch is supported to run only on AMD64 and Intel 64 architectures.

複数 CPU での Crashkernel のサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.1 では複数 CPU を使用する場合、crashkernel を起動できるようになります。この機能はテクノロジープレビューとしての対応になります。

dm-era ターゲット

Red Hat Enterprise Linux 7.1 では dm-era デバイスマッパーのターゲットをテクノロジープレビューとして導入しています。「era」と呼ばれるユーザー定義の期間内に書き込みが行われたブロックの追跡を行います。それぞれの era ターゲットインスタンスでは現在の era は単調増加する 32 ビットカウンターとして管理されます。このターゲットによりバックアップソフトウェアが最後のバックアップ後に変更が行われたブロックの追跡を行えるようになります。また、キャッシュコンテンツの部分的な無効化を行うことでベンダーのスナップショットにロールバックした際のキャッシュの一貫性を復元することもできます。dm-era は主に dm-cache ターゲットと組み合わせた使用が求められます。

Cisco VIC カーネルドライバー

The Cisco VIC Infiniband kernel driver has been added to Red Hat Enterprise Linux 7.1 as a Technology Preview. This driver allows the use of Remote Directory Memory Access (RDMA)-like semantics on proprietary Cisco architectures.

hwrng でのエントロピー管理機能の強化

The paravirtualized hardware RNG (hwrng) support for Linux guests via virtio-rng has been enhanced in Red Hat Enterprise Linux 7.1. Previously, the rngd daemon needed to be started inside the guest and directed to the guest kernel's entropy pool. Since Red Hat Enterprise Linux 7.1, the manual step has been removed. A new khwrngd thread fetches entropy from the virtio-rng device if the guest entropy falls below a specific level. Making this process transparent helps all Red Hat Enterprise Linux guests in utilizing the improved security benefits of having the paravirtualized hardware RNG provided by KVM hosts.

スケジューラーの負荷分散パフォーマンスの改善

今まではスケジューラーの負荷分散コードは待機中の全 CPU に対して負荷分散を行っていました。Red Hat Enterprise Linux 7.1 では待機中のすべての CPU ではなく、負荷分散されるべき期限に達している待機中の CPU のみに負荷分散を行います。これにより待機していない CPU での負荷分散率を低減、これに伴いスケジューラーの不必要な作業量が減るためパフォーマンスが向上することになります。

スケジューラーの newidle 分散の強化

実行可能なタスクがある場合、newidle 分散コード内でのタスクの検索を停止するようスケジューラーの動作に変更が加えられたため、パフォーマンス性が向上されます。

ノードごと 1 GB のページ割り当てを行う HugeTLB のサポート

Red Hat Enterprise Linux 7.1 ではランタイム時の膨大なページ割り当てに対するサポートを追加しています。これにより 1GB hugetlbfs のユーザーがランタイム時に 1 GB を割り当てるべき NUMA (Non-Uniform Memory Access) ノードを指定できるようになります。

MCS ベースの新しいロックメカニズム

Red Hat Enterprise Linux 7.1 では新しいロックメカニズム MCS ロックを導入します。大規模なシステムでの spinlock のオーバーヘッドを大幅に低減させ、Red Hat Enterprise Linux 7.1 での spinlocks の効率性を全般的に向上させます。

8KB から 16KB にプロセススタックサイズを増大

Since Red Hat Enterprise Linux 7.1, the kernel process stack size has been increased from 8KB to 16KB to help large processes that use stack space.

perf および systemtap での uprobe と uretprobe 機能の有効化

In Red Hat Enterprise Linux 7.1, the uprobe and uretprobe features work correctly with the perf command and the systemtap script.

エンドツーエンドのデータ整合性チェック

End-To-End data consistency checking on IBM System z is fully supported in Red Hat Enterprise Linux 7.1. This enhances data integrity and more effectively prevents data corruption as well as data loss.

32 ビットシステムでの DRBG

In Red Hat Enterprise Linux 7.1, the deterministic random bit generator (DRBG) has been updated to work on 32-bit systems.

NFSoRDMA Available

As a Technology Preview, the NFSoRDMA service has been enabled for Red Hat Enterprise Linux 7.1. This makes the svcrdma module available for users who intend to use Remote Direct Memory Access (RDMA) transport with the Red Hat Enterprise Linux 7 NFS server.

Crashkernel の大型サイズに対するサポート

The Kdump kernel crash dumping mechanism on systems with large memory, that is up to the Red Hat Enterprise Linux 7.1 maximum memory supported limit of 6TB, has become fully supported in Red Hat Enterprise Linux 7.1.

Kdump Supported on Secure Boot Machines

With Red Hat Enterprise Linux 7.1, the Kdump crash dumping mechanism is supported on machines with enabled Secure Boot.

Firmware-assisted Crash Dumping

Red Hat Enterprise Linux 7.1 introduces support for firmware-assisted dump (fadump), which provides an alternative crash dumping tool to kdump. The firmware-assisted feature provides a mechanism to release the reserved dump memory for general use once the crash dump is saved to the disk. This avoids the need to reboot the system after performing the dump, and thus reduces the system downtime. In addition, fadump uses of the kdump infrastructure already present in the user space, and works seamlessly with the existing kdump init scripts.

Runtime Instrumentation for IBM System z

As a Technology Preview, support for the Runtime Instrumentation feature has been added for Red Hat Enterprise Linux 7.1 on IBM System z. Runtime Instrumentation enables advanced analysis and execution for a number of user-space applications available with the IBM zEnterprise EC12 system.

Cisco usNIC Driver

Cisco Unified Communication Manager (UCM) servers have an optional feature to provide a Cisco proprietary User Space Network Interface Controller (usNIC), which allows performing Remote Direct Memory Access (RDMA)-like operations for user-space applications. As a Technology Preview, Red Hat Enterprise Linux 7.1 includes the libusnic_verbs driver, which makes it possible to use usNIC devices via standard InfiniBand RDMA programming based on the Verbs API.

Intel Ethernet Server Adapter X710/XL710 Driver Update

The i40e and i40evf kernel drivers have been updated to their latest upstream versions. These updated drivers are included as a Technology Preview in Red Hat Enterprise Linux 7.1.

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。