第17章 Red Hat Software Collections

AMD64 および Intel 64 アーキテクチャーの Red Hat Enterprise Linux 6 と Red Hat Enterprise Linux 7 の全対応リリースにインストールして使用できる動的なプログラミング言語、データベースサーバー、関連パッケージなどを提供する Red Hat のコンテンツセットがRed Hat Software Collections です。
Red Hat Software Collections で配信される動的な言語、データベースサーバー、その他のツールは Red Hat Enterprise Linux で提供されるデフォルトのシステムツールに取って代わるものではありません。また、こうしたツールで優先的に使用されるわけでもありません。
Red Hat Software Collections では scl ユーティリティーをベースとした代替パッケージングメカニズムを使用してパッケージの並列セットを提供しています。このセットにより Red Hat Enterprise Linux で代替パッケージのバージョンが使用できるようになります。scl ユーティリティーを使用すると実行したいパッケージバージョンをいつでも選択することができます。

重要

Red Hat Software Collections のライフサイクルおよびサポートは Red Hat Enterprise Linux に比べ短かくなります。詳細は Red Hat Software Collections Product Life Cycle (Red Hat Software Collections 製品ライフサイクル) を参照してください。
Red Hat Developer Toolset は Red Hat Software Collections の一部になり、別のSoftware Collection として収納されます。Red Hat Enterprise Linux プラットフォームで作業する開発者向けに設計され、GNU Compiler Collection、GNU Debugger、Eclipse 開発プラットフォーム、その他の開発ツール、デバッグツール、パフォーマンス監視用ツールなどの現在のバージョンを提供しています。
Red Hat Software Collections のセットに収納されているコンポーネント、システム要件、既知の問題、使い方、各 Software Collection の詳細などについては Red Hat Software Collections のドキュメント を参照してください。
Red Hat Software Collections の一部となる Red Hat Developer Toolset に収納されているコンポーネント、インストール、使い方、既知の問題など詳細については Red Hat Developer Toolset のドキュメント を参照してください。