Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

A.2. RHEL 9 にコンテンツをインストールするコマンド

以下の表は、RHEL 9 にコンテンツをインストールするために一般的に使用されるDNF コマンドの一覧です。

コマンド詳細

dnf install package-name

パッケージのインストール

モジュールストリームによりパッケージが提供される場合は、dnf が必要なモジュールストリームを解決し、このパッケージのインストール時に自動的に有効になります。これは、すべてのパッケージ依存関係で再帰的に行われます。より多くのモジュールストリームがこの要件を満たす必要がある場合は、デフォルトのモジュールストリームが使用されます。

dnf install package-name-1 package-name-2

複数のパッケージとその依存関係の同時インストール

dnf install package-name.arch

multilib システムにパッケージをインストールする際に、パッケージのアーキテクチャーを指定するには、パッケージ名に追加します (AMD64、Intel 64 マシン)。

dnf install /usr/sbin/binary-file

バイナリーへのパスを引数として使用してバイナリーをインストールします。

dnf install /path/

ダウンロード済みのパッケージをローカルディレクトリーからインストールします。

dnf install package-url

パッケージ URL を使用してリモートパッケージをインストールします。

このモジュールは、パッケージをシステムで利用できるようにしたいが、現在はいずれもインストールしたくない場合に有効にします。

モジュールによっては、デフォルトのストリームを定義しない場合があります。このような場合は、ストリームを明示的に指定する必要があります。

モジュールがデフォルトのストリームを定義する場合は、ストリームとコロンを省略できます。

このコマンドを実行しても RPM パッケージはインストールされないことに注意してください。

モジュールによってはデフォルトのストリームを定義しないことに注意してください。

このコマンドを実行すると、指定したストリームも有効になっていることに注意してください。

dnf group install group-name

グループ名でパッケージグループをインストールする

dnf group install groupID

groupID でパッケージグループをインストールします。