Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.4. モジュールストリーム

モジュールのストリームは、AppStream 物理リポジトリーで仮想的なリポジトリーとして扱えるフィルターです。モジュールストリームは、AppStream コンポーネントのバージョンを表します。各ストリームが、それぞれ独立して更新を受け取ります。

モジュールストリームは、アクティブまたは非アクティブにできます。アクティブなストリームでは、特定モジュールストリームの RPM パッケージにシステムがアクセスできるようになり、コンポーネントの各バージョンのインストールを可能にします。ストリームは、ユーザーのアクションによって明示的に有効化された場合にアクティブになります。

あるモジュールの中で同時にアクティブにできるストリームは 1 つだけです。したがって、1 つのシステムにインストールできるコンポーネントは、1 つのバージョンだけです。複数のコンテナーで異なるバージョンを使用できます。

各モジュールは、デフォルトのストリームを持つことができます。デフォルトのストリームは、モジュールについて学ぶ必要はなく、通常の方法で RHEL パッケージを簡単に使用できます。モジュール全体が無効になっている場合、またはそのモジュールの別のストリームが有効になっている場合を除き、デフォルトのストリームはアクティブです。

特定のモジュールストリームは、他のモジュールストリームに依存する場合があります。

ランタイムユーザーアプリケーションまたは開発者用アプリケーションの特定のストリームを選択するには、以下を検討してください。

  • 必要な機能と、その機能に対応するコンポーネントのバージョン
  • 互換性
  • ライフサイクル の期間と更新計画

コンポーネントごとの変更は、リリースノート を参照してください。