Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第9章 パッケージ管理履歴の処理

dnf history コマンドを使用すると、以下の情報を確認できます。

  • DNF トランザクションのタイムライン
  • トランザクションの発生日時
  • トランザクションにより影響を受けたパッケージの数
  • トランザクションの成功または中止の有無
  • トランザクション間で RPM データベースが変更された場合

dnf history コマンドを使用して、トランザクションを元に戻したり、やり直したりすることもできます

本セクションでは、dnf を使用して、Red Hat Enterprise Linux 9 でパッケージ管理履歴を処理する方法を説明します。

9.1. トランザクションの一覧表示

以下の手順では、最新のDNF トランザクション、選択したパッケージに対する最新の操作、および特定トランザクションの詳細を一覧表示する方法を説明します。

手順

  • 最新の DNF トランザクションの一覧を表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # dnf history
  • 選択したパッケージの最新操作の一覧を表示するには、以下を使用します。

    # dnf history list package-name

    package-name を、パッケージ名に置き換えます。glob 表現を追加して、コマンドの出力をフィルタリングできます。詳細は、dnf input での glob 表現の指定 を参照してください。

  • 特定のトランザクションの詳細を表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # dnf history info transactionID

    transactionID は、トランザクションの ID に置き換えます。