Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.3. DNF Automatic の有効化

DNF Automatic を実行するには、常に特定の systemd タイマーユニットを有効にして起動する必要があります。dnf-automatic パッケージで提供されるタイマーユニットのいずれかを使用するか、必要に応じて独自のタイマーユニットを作成することができます。

以下の手順では、DNF Automatic を有効にする方法を説明します。

前提条件

  • /etc/dnf/automatic.conf 設定ファイルを変更して、DNF Automatic の挙動を指定している。

手順

  • 利用可能な更新をダウンロードする systemd タイマーユニットを選択、有効化、および起動するには、以下のコマンドを実行します。

    # systemctl enable dnf-automatic-download.timer
    
    # systemctl start dnf-automatic-download.timer
  • 利用可能な更新をダウンロードとインストールする systemd タイマーユニットを選択、有効化、および起動するには、以下のコマンドを実行します。

    # systemctl enable dnf-automatic-install.timer
    # systemctl start dnf-automatic-install.timer
  • 利用可能な更新をレポートする systemd タイマーユニットを選択、有効化、および起動するには、以下のコマンドを実行します。

    # systemctl enable dnf-automatic-notifyonly.timer
    # systemctl start dnf-automatic-notifyonly.timer
  • ダウンロードダウンロードとインストール、または利用可能な更新の 報告 を行う systemd タイマーユニットを選択、有効化、および起動するには、次を使用します。

    # systemctl enable dnf-automatic.timer
    # systemctl start dnf-automatic.timer
  • 必要に応じて、--now オプションを使用して、1 つのコマンドで systemd タイマーユニットを選択、有効に、および起動します。以下に例を示します。

    # systemctl enable --now dnf-automatic-download.timer
注記

コマンドラインまたはカスタムスクリプトから/usr/bin/dnf-automatic ファイルを直接実行して、DNF Automatic を実行することもできます。

検証

  • タイマーが有効化されていることを確認します。

    # systemctl status <systemd timer unit>