7.2. Operator SDK CLI リファレンス

Operator SDK コマンドラインインターフェース (CLI) は、Operator の作成を容易にするために設計された開発キットです。

Operator SDK CLI 構文

$ operator-sdk <command> [<subcommand>] [<argument>] [<flags>]

Kubernetes ベースのクラスター (OpenShift Container Platform など) へのクラスター管理者のアクセスのある Operator の作成者は、Operator SDK CLI を使用して Go、Ansible、または Helm をベースに独自の Operator を開発できます。Kubebuilder は Go ベースの Operator のスキャフォールディングソリューションとして Operator SDK に組み込まれます。つまり、既存の Kubebuilder プロジェクトは Operator SDK でそのまま使用でき、引き続き機能します。

Operator SDK についての詳細は、Operator の開発について参照してください。

7.2.1. bundle

operator-sdk bundle コマンドは Operator バンドルメタデータを管理します。

7.2.1.1. validate

bundle validate サブコマンドは Operator バンドルを検証します。

表7.1 bundle validate フラグ

フラグ説明

-h, --help

bundle validate サブコマンドのヘルプ出力。

--index-builder (文字列)

バンドルイメージをプルおよび展開するためのツール。バンドルイメージを検証する場合にのみ使用されます。使用できるオプションは、docker (デフォルト)、podman、または none です。

--list-optional

利用可能なすべてのオプションのバリデーターを一覧表示します。これが設定されている場合、バリデーターは実行されません。

--select-optional (文字列)

実行するオプションのバリデーターを選択するラベルセレクター。--list-optional フラグを指定して実行する場合は、利用可能なオプションのバリデーターを一覧表示します。