6.2. opm のインストール

opm CLI ツールは、Linux、macOS、または Windows ワークステーションにインストールできます。

前提条件

  • Linux の場合は、以下のパッケージを指定する必要があります。RHEL 8 は、以下の要件を満たすようにします。

    • podman バージョン 1.9.3 以降 (バージョン 2.0 以降を推奨)
    • glibc バージョン 2.28 以降

手順

  1. OpenShiftのミラーサイトに移動し、お使いのOSに合った最新版のtarballをダウンロードします。
  2. アーカイブを展開します。

    • Linux または macOS の場合:

      $ tar xvf <file>
    • Windows の場合、ZIP プログラムでアーカイブを解凍します。
  3. ファイルを PATH の任意の場所に置きます。

    • Linux または macOS の場合:

      1. PATH を確認します。

        $ echo $PATH
      2. ファイルを移動します。以下は例になります。

        $ sudo mv ./opm /usr/local/bin/
    • Windows の場合:

      1. PATH を確認します。

        C:\> path
      2. ファイルを移動します。

        C:\> move opm.exe <directory>

検証

  • opm CLI のインストール後に、これが利用可能であることを確認します。

    $ opm version

    出力例

    Version: version.Version{OpmVersion:"v1.15.4-2-g6183dbb3", GitCommit:"6183dbb3567397e759f25752011834f86f47a3ea", BuildDate:"2021-02-13T04:16:08Z", GoOs:"linux", GoArch:"amd64"}